2014/08/15

TOKYO CITY KEIBA

 競馬場で望遠レンズで初撮影して来ました。大井競馬場には何度か競馬観戦には行ったことがありましたが、思っていた以上にコースまでが近く、迫力のある走りを見つつ、馬券も購入してと楽しんできました。馬券は2レース的中しましたが、ちょっとマイナス。写真は、被写体の大きさの読みがなかなかあたらなくて、悪戦苦闘してきました。

D3c_2072_2

激しい叩き合いがあったのですが、こんな感じにしか残せず。
Dsc_5767_2

また今度、再挑戦したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/14

2年ぶりの北海道

 コンデジを持って、銀塩の一眼レフを借りて、北海道を一人で旅行してから、だいぶ月日が流れました。前にもどこかで書いたかもしれませんが、私がデジイチを購入しようと思った動機は、サラブレッドを撮影することでした。今回は、デジ一を購入してから比較的のんびりと競走馬を見てきました。競馬ブームも去り、バブルも弾け、不況の中、淘汰されてしまった牧場や、種馬としては、廃用となってしまった過去の栄光の名馬たち、一方で輝きを放つ新星もおり、競争の厳しい現実を感じました。また、昔に比べると、種馬や、功労馬を撮影する環境も厳しくなっています。牧場のご好意で何のメリットもない競馬ファンに見せていただけるだけでありがたいのですけれど。前置きが長くなりましたが、D300とサンヨンを持って(カバンに入らずに一脚が持って行けなかったのは痛かった)、撮影してきたので見てやってください。

トウカイテイオー号
皇帝シンボリルドルフを父に持つ親子2代のダービー馬も24歳。後継種牡馬が誕生せずこのサイヤーラインが途絶えるのが非常に寂しい。
 Dsc_6429_2

エモシオン号。
とっても人懐っこくて、望遠で構えていると近寄ってくるのでなかなか撮影させてもらえませんでした。柵の近くに立っていると腕をぺろぺろ舐められました。
Dsc_5943_2

セーリューオー号
栗毛の綺麗な馬体でしたが、エモシオン号と違って、ツレナイそぶりで近寄ってきてくれませんでした。
Dsc_6003_2



カネツクロス号
エモシオン号ほどではありませんでしたは、かなり遊んでくれました。
Dsc_6183_2

 

ディープインパクト号
 社台SSでは、以前は放牧されていたのですが、展示という形の見学ははじめてで勝手が分からず、後ろ姿しかまともに撮れませんでした。親を超える子供の活躍に期待したい。Dsc_5869_2

他にもいくつかの牧場に見学に行き、興味深いお話を伺ったりもできましたが、厩舎に入っている形での見学でした。のびのび放牧されているところをまた撮影できたらと思います。今回の教訓としては、一脚を持参する。標準域のレンズを付けたもう1台の2台体制で臨む。レンズは70-200も持って行く事でした。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/12/30

海外逃亡してました その2

 香港だけでなく、マカオにも行ってきました。香港もマカオも中国の特別行政区なので同じ中国なのですが、一旦出国手続きしてからマカオへ入国続き(パスポートコントロールあり)します。昔の日本も領主の異なる地域に移動するのに通行手形が必要だったのと近いのかもしれません。中国の中央政府に任命された形で、行政長官がいますが、日本の都道府県よりもかなり独立しる様に感じます。それもそのはずで、香港は旧イギリス領、マカオは旧ポルトガル領と歴史、文化が異なります。経済的にも自主運営されている象徴がマカオのカジノだと思います。既にラスベスガスを抜き世界一のカジノ街で、カジノの収益が住民に還元されているそうです。日本の地方は今、夕張の例の様に元気がなくなっていますが、昔の領主の時代の様に領地内での自立した社会が個性的であっても良い様に思います。B1グランプリを見れば個々に個性があるのですからね。

前置きが長くなりましたが、香港から高速船でマカオは1時間なのですが、入国が冬休みとクリスマスのためか非常に時間が掛かり1時間以上かかりました。日帰りで香港に戻る為、この後の日程が非常に駆け足になりました。入国が終わって外にでて最初に目にとまるのが、マカオGPのサーキットのコントロールタワーでした。

Dsc_0317_2

残念ながらコースは見えませんでした。
マカオは小さな島ですが世界遺産が沢山あります。
その1つが、聖ポール天主堂です。キリスト教の教会なのですが、火災の為消失し、石造りのこの部分だけが残っています。

Dsc_0268_2

 マカオは、いかにも中国といった感じのダウンタンの部分もあるのですが、東洋のモナコと言われるだけあって、真新しい高層ビル郡がドンドンできている様です。高所恐怖症の私は、とても怖くて何枚かしか写真を撮りませんでしたがマカオタワーからの眺めです。中央に見える建物はカジノです。このタワーの展望台(233mm)からバンジージャンプをやっているのには気が狂いそうでした。展望台に出ると風が吹いているんですよ!もうそれはそれは恐ろしかった。

Dsc_0314_2

マカオは怖くて写真をあまり撮らなかったので(笑)終わりにして、最後は香港ジョッキークラブが管轄する競馬場のVIPラウンジで競馬観戦してきました。ドレスコードありなのですが、おもてなしも良く、ビール飲みながらのんびり競馬を楽しんで来ました。マカオのカジノでちょっとだけ勝ったのですが、ここでそれ以上に巻き上げられてしまいましたが、雰囲気が最高でとても楽しめました。

Dsc_0411_2

Dsc_0423_2

Dsc_0616_2

そう言えば、初めて足つぼマッサージをしてもらいました。翌日は足が凄く軽くなるので効果実感できました。あっという間の5日間でした。最後は、香港国際空港でガラス越しに撮ったこれでおしまいにします。

Dsc_0626_2

撮影機材
D90+AF-S DX VR Zoom Nikkkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/20

明日の期待は?

 最近、帰宅時間が遅いので週末も疲れが残っている感じで癒し系の音楽CDを借りてきました。適当に選んだのがCeltic Womanだったのですが、なかなか良いです。それを聴きながら、先日の小樽の写真の前日に撮った、モータスポーツと並び好きな競走馬の写真(引退した今は種牡馬)を整理し、のんびりした牧場風景にも癒されていました。明日は、2歳の若駒の頂点、朝日杯FSで私が期待しているフィフスペクトルのお父さんのキングカメハメハの写真からアップしてみます。ちなみ、私も格好よいからという理由で写真にサインを入れてみました。

キングカメハメハ(社台SSにて)
D50+AF Zoom Nikkor 70-300mm F4-5.6G
Kingkkame1

アドマイヤマックス(ビッグレッドFにて)
D50+AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
A_max

ビワハヤヒデ(日西牧場にて)
D50+AF Zoom Nikkor 70-300mm F4-5.6G
Biwa

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/03/09

弥生賞、中京記念予想

今日は、予定通りならジムカーナの開幕戦に参加でしたが、葬儀の返礼品の名簿の整理をしました。ジムカーナは、チームメイトから朗報が届いたのが何よりです。自分が走りたい分は、お馬さんに頑張ってもらおうと、久しぶりに競馬予想を公開してみます。
今日はここまで中山5R、7R、9Rと3連勝。この勢いを続けたい。

弥生賞
◎テラファントム
○スズジュピター
▲アインラクス
△フサイチアソート
×ブラックシェル
注タケミカヅチ
◎単複と◎からの馬連で万馬券狙い。

中京記念
◎コーナーストーン
○トーホーアラン
▲ニルヴァーナ
△シルクネクサス
×タスカータソルテ
注ダイレクトキャッチ
◎単複と◎からの馬連で中穴狙い。

どちらも混戦で手を広げたくなる所ですが、軸馬絞って回収率に期待です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)