2019/05/25

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd4

第4戦は、少し間隔が開き5/18-19に浅間台スポーツランドにて行われました。第2戦の前日練習後からLSDの調子がイマイチで、2速のコーナリングがあるであろう浅間台ではアンダーステアが強く出て厳しくなることが考えられることからオーバーホールをして臨むことにしました。ウィークデーはハードな上、金曜日の夜には宴会もあり、LSDのオーバーホールが終わった木曜日の夜中にタイヤ交換、準備をし、寝不足状態で前日練習へ参加しました。終日ドライで短めのコースですが6本の走行し、タイムは7番手。LSDのオーバーホールのおかげでフロントの入りは非常に良かったのですが、フィーリングの割にタイムは出ませんでした。サイドターンの区間が遅く、フロントタイヤの山がなかったせいにしておこうという感じで早目に休みました。

決勝は雲が多く雨の予報はないものの風も少し強くて路面温度が気温の割に上がらない感じの気候でした。コースは、前日よりもかなり長くなりましたが、使用するタイヤを考えるとポジティブな要素でした。

2019jafrd4

慣熟歩行でコース攻略を組み立てる際に今回悩んだのはスタートから11->7->2の部分。11に入る所で3速にシフトアップするタイミングでフロントを左に入れて7を軽いブレーキとともに右に返してという組み立てで他クラスの選手の走りを研究。クラスは違えど組み立ては間違っていなさそうなので、これで走行イメージを作って出走準備。出走20台前位からポツリポツリ。ドライでもソフトタイヤのダンロップ勢はモチベーションUPし、ヨコハマ勢はモチベーションDOWNしている感じに回りの雰囲気は感じられましたが、コース上は黒い雲なものの、青空もその先に見えており、風も強いことから、すぐに雨は止むかなと。ポツポツ来ていても路面はドライとほとんど変わらないとイメージ変えずに集中してスタート俟ち。出走10台前位で雨は止みスタートラインへ。ちょっとフロントのグリップが低かったのですが、組み立て通りに11->7へ。ブレーキングでリアが一気に1番方向へ。ハーフスピンのまま2番へ。2番で右にハンドル切っていなければならないのにカウンターでなんとかスピンを抑えている状態で立ち上がりで大きなロス。その後はイメージに近い走りができましたが、最初のロスが大きく0.7秒差の4番手で折り返し。2ヒート目に向けて、VTRの分析をし、ハーフスピンしたところの攻略を変えて2速で最短ルートに変更してイメージしなおし。今度は走行前に雨に降られることもなくスタートラインへ。スタートダッシュから路面のグリップは上がっていることを感じながらイメージ通りに2番へ。ここでサイドをちょっと使って立ち上げて12->11とクリアして排水溝周りへ。ちょっと出口の6で膨ら気味で11、12の左周り。少しアクセル入れるの早くてイメージよりちょっとアンダー気味。3->4->EのS字も無難に抜けてEの島の脱出もイメージよりちょっとアンダー気味。一番の奥の2番のをきっちりトラクションかけて島の中。左周りも上手くまとめて最後のテクニカル。ここもしっかり走ってゴール。アナウンスは1分20秒台で3番手。19秒台は出せると思っていたのでVTRで確認すると、最初の2番のサイド使ったのが致命的に遅く、そこから優勝者とのタイムは少しづつ詰めていて結果0.3秒差の銅メダルでした。路面のグリップの向上代に対し、スタート直後のイメージがコンサバ過ぎたのがすべてでした。

ただし、ランキング1、3位の選手が撃沈していましたので、第4戦終了時にしてゼロ勝ながらランキングトップに立ちました。セナの様に圧倒的なものは持っていないので、プロストやライコネンの様に1戦1戦やれることをやって行きたいと思います。

| | コメント (0)

2019/05/06

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd3

第3戦は、茨城中央サーキットにて、4/27-28で行われました。前日練習の天気は雨の予報で、練習用のタイヤも状態の良いものを持って行きませんでしたので雨が酷い場合は、走行しないつもりでおりました。道中も雨がしっかり降っていましたが、会場に到着すると雨は上がり、空も明るくなってきました。路面は完全に乾いてはいないものの水たまりはなく、徐々にドライになり、午前の練習走行ができました。路面温度が低く、タイヤが温まる迄はかなり我慢が必要でしたが、路面の感覚を掴むことができました。午後の走行時間になると、ポツリポツリ。ウエット路面となってしまい走行するのを止めて翌日に備えました。

決勝日は、予報通り太陽が出ていましたが、路面温度はあまり上がらないコンディションの中行われました。タイヤは新品が絶大な威力を発揮することは分かっているものの、このコースが得意ではないので、フロントはUSEDで山のあるものを2セットで午前、午後で使い分けることにしました。コースは、フリーターンは、左周りしか選択肢がなく、路面と喧嘩しない様に走ることを念頭にイメージを作って臨みました。1ヒート目は、下の段が抑えすぎで、上の段の13->15->16->20の所でミスをしてしまいココでもロス。フリーターンは無難にまとめてゴール。2番手で折り返し。タイム差を考えると、1ヒート目のベストは更新できそうなネタがありましたので、午後に向けて慣熟歩行。2セット目のタイヤの方が状態も良いので、タイムアップを信じてスタートラインへ。下の段は、1ヒート目よりも踏めたのですが、イメージ通りとは行かず。上の段を突っ切って19から下って24の立ち上がりまでは無難にまとめて、再び上段へ。11->12->13の立ち上がりも上手くスピードコントロール出来て1ヒート目ミスのあった13->20の部分もしっかり走行。15、27->13の進入が少しオーバースピードで13->12->11は我慢。フリーターンは1ヒート目よりもトラクションがちょっと甘くなってしまい最後のスラロームを抜けてゴール。ベストタイム更新! それもつかの間で後続の選手に抜かれ、2戦連続の準優勝でした。3戦終わってシリーズは2番手。3戦ともウィナーが異なっている混戦なので、なんとか早い時期に1つ勝って、チャンピオン争いに名乗りを上げられるように次戦に向けて準備をします。

2019jaf_rd3

| | コメント (0)

2019/05/02

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd2

2月24日の開幕戦から1ケ月以上間隔があきましたが、4/13-14長野県飯田市のさるくらモータスポーツランドで行われました。直前に雪もあり、コースも標高が高く桜もまだの肌寒い上、決勝日は高確率の雨予報。しかし、土曜日の練習は気温は低いものの雨の心配はなく、ドライで走行できました。タイヤの山も低い上、路面温度も低く、スタート直後は、今までの感覚よりもグリップがかなり低いものの少しずつ攻めてタイムを削っていきましたが、最後はタイムダウン。タイヤが完全に終わってました。夜はいつもの美味しい焼肉屋さんに行き早めに休みました。

決勝日の朝、ホテルのカーテンを開けると雲が多いものの明るく、まだ雨は落ちていない。予報を見ても午前中はドライで行けそうな感じで俄然やる気が出てきました。2ヒート目はウエットかもしれませんので、1ヒート目でしっかりタイムを残すために、1ヒート目に新品タイヤ投入して勝負を掛ける事にしました。前日とタイヤのコンデションが大きく違うので、スタート直後の⑮の進入、⑤⑥の間を通過して島の外に抜ける部分の速度、⑱番の処理、最後の⑬⑭の侵入の部分を重点的に組み立てを考え望みました。スタートの⑮番は慎重に入って、⑤⑥の間を通過して島の外へ抜ける部分はイメージに近い感じで。その後の②からの右回りで少しオーバースピードでラインが大きくなってしまったものの⑲のターンは、まだ前のグリップが弱いものの回しこんで⑱番へ。立ち上がりで少しロスしへ中間は0.7秒遅れ。漸くフロントタイヤも機能し始めて、後半はしっかりまとめてゴール。約0.3秒差でトップで折り返し。このまま雨が降ってくれればと天気予報を確認してみると、雨はギリギリ大丈夫そう。2ヒート目も曇天の中、路面温度もあまり変わらずに進行していきますが、各クラスタイムアップしています。やはり1ヒート目は各選手、ペナルティもらわないように抑えて走っていたものと思われます。2ヒート目の同じクラスの出走が始まると、タイムが1.5秒くらい更新されましたので、久しぶりにスタート前に滅茶苦茶気合入りました。雨が数台前からポツリポツリ来ていましたが、スタートから冷静にかつ思い切って攻めました。1ヒート目よりもスピードに乗れて走れている手応え。中間はベストを4/100秒更新して後半へ。21番のターンの旋回が若干大きくなり、少し焦ってしまい③と④の島の進入の③をリアタイヤで踏んでしまいジ・エンド。ゴールタイムは、幻のベストとなりました。しかし、ほかの選手も前半好タイムも後半ミスで午前中の貯金でなんとか準優勝。今シーズン初のお立ち台で、シリーズランキングは1点差の2位となりました。ちょっとLSDの調子が気になるのですが、次戦までインターバルがありませんので、上昇気流に乗れるように次戦も最善を尽くします。

2019jaf_rd2

 

 

| | コメント (0)

2019/03/10

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd1

 昨年も早いなと思っていましたが、今年は2月に開幕。準備万端とまでは行きませんでしたが、前の週の練習でも感触悪くなかったので、昨年最終戦からの連勝を目指して臨んできました。

 前日練習は、雪予報も出ていましたが、予報が変わって晴れ間も少し出ましたが、午後からは強風になり寒い一日でした。もてぎの南コースは、パイロンコースとは言っても物凄く広いので、久しぶりに走って最初の1本目はかなり戸惑いました。2本目の走行から徐々に感覚が合ってきて、この日が誕生日だった為か?皆さん譲ってくれたのか、ペナルティなしのタイムはトップだった筈です。
 サーキットホテルに宿泊して決勝の朝、セル回りません。寒さでバッテリー上がってしまったのか仕方ないなとバッテリーパックを繋いで難なく始動したのですが、パドックに行くとブレーキランプがつきっぱなし。これがバッテリー上がりの原因でした。ブレーキペダルを踏みなおしたら消えたので大丈夫と思っていたら、ブレーキスイッチの受け側が割れておりました。なんと昨年のチャンピンがその部品持っていたので、現場で治りました。
2019jaf1


 決勝のコースは、ハイスピードからテクニカルへの繰り返しの設定でしたので、その切り替えに気を付けてイメージを組み立てて行きました。1ヒート目は、スタート直後に3速へのシフトアップでシフトミスで失ったタイムを考えると十分に優勝狙える4番手でした。VTRを見ると、シフトミスをしただけでなく7->8の速度を殺しすぎ。7->14->11->10を3速で行ったのですが、2速の方が良い感じでした。最後のテクニカルも詰められるところがあったのでその点を注意して、2本目へ。路面温度も上がり、スタートから1ヒート目よりも前に進んでいきます。7->8は、車速殺しすぎないように3,2,1速で上手くまとめて、7->14->11->10は、なかなかイメージ纏まらなかったのですが2速で。ちょっと攻めきれずでしたが、大きなロスはせずに10->8->9の右回り、11->9->8->10の左周りはイメージ通り。8の字も無難にまとめてフリーターンへ。同じクラスで唯一の左ターンをしましたが、悪くなかった。無印の左ターンは1ヒート目ロスしていましたが、上手く抑えて最終ターンからゴールへ。約0.6秒タイムアップしてこの時点で4番手。最終的には、1位から0.482秒差で5位はかなり悔しい結果となりました。一方であまりこのコースは得意ではなかったのですが、この差でまとめられたということは今年も勝ち負けに参加させてもらえそうだということが確認できましたので、切り替えて次戦に臨みたいと思います。

2019jaf1_2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/16

2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第5戦

 第5戦は、遠征となる新潟スピードパークにて6/2-3で行われました。ブローバイからのオイル漏れとタイヤのエア漏れを直前に修理してもらい、タイヤは若干不安があるものの万全の筈?の状態で、2:30頃に起床して新潟スピードパークへ。ここ数年は、FM新潟とのタイアップでギャラリーも多く集まり、楽しい雰囲気で走れる大会であり、コースもドライでは結構相性が良いので楽しみにしていきました。

 土曜日のコースは、かなり短いコースで差も付きにくいコースでしたが、僅差の2番手。いくつかコースの攻め方思い出しならがらですが、フィーリングは良い感じでした。夕ご飯は、美味しいお米と海鮮(刺身、焼き魚、煮魚、カニ)を頂いて、20:00頃には休み、朝まで良く眠れました。昨年は激しい雨の中でしたが、今年は良い天気でドライでの勝負が出来そうです。
2018jaf_rd5
慣熟歩行の後は、他の選手の走りを見て、走行イメージの確認。ほぼ86/BRZのクラスとなっているPN3のある選手の走りから後半部分の走りを少し組み立て直して臨みました。タイヤは新品なのですが、組む時にビードを切ってしまって、走行中にエア漏れしないかだけが心配でした。
スターターが気合入れて旗振っているのを横目1ヒート目スタート。最初の右廻りの進入のシフトダウンでフロントタイヤロックさせそうになりましたが、なんとか堪えてコース左上の右ターンへ。ここはリアが出やすいのですが、上手く曲げることにつなげて立ち上がり、8の字進入へ。あまり抑えすぎない様にと思っていたのですが、少しヌルイ進入になってしまいました。インフィールドは距離ロスしない様にまとめて外周へ。中間ベスト!だったらしい。外周から右左の縁石をちょこっと舐めながらギャラリー前のストレートからレーンチェンジへ。ブレーキングでリア振ってイメージよりもむしろ上手く抜け(ちょっと振りすぎてロスしているけれど気持ち良く抜けられました)、その先で3速へ。クラッチつなぐ前に止まれないと判断して左ターンに向けて減速。86/BRZの速いイメージのラインには及ばなかったと思いますが上手くリカバリーし、左旋回。サイドを少し引けばよかったかも。タイヤ1.5個分くらいラインが大きくなってしまい、最終シケインへ。パイロン触らない様に切り返してゴール!。ベストタイムを1.2秒更新!後続の選手にも抜かれず久しぶりにトップで折り返し。タイヤは問題ありませんでした。
2ヒート目は1ヒート目のロスを修正すべく臨み、8の字進入も攻めて入ったのですが、折り返しのターンでリアが喰ってしまいパイロンタッチ。そのあとも攻めて0.1秒タイムアップしたものの1ヒート目のタイムで後続待ち。最後の最後に逆転されてしまい、今年2度目の2番手でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第4戦

り時間が開いてしまいましたがぼちぼち更新していきます。第4戦の会場は、開幕戦と同じ浅間台スポーツランドで5/12-13に行われました。GWの初日にリアの車高を変えて確認に来て、良い感覚だったのでしたので開幕戦以上の成績を期待して臨みました。練習も良い感じで、素のタイムではクラスベストが出ておりましたので、翌日の天気予報を気にしつつ早くに休みました。

決勝の朝は晴れ間もあるものの予報では午後は雨。1本勝負は経験値が活きるので苦手ではないのですけれど。ホテルを出発する時に問題発生!バッテリーが完全に上がっておりました。ホテルの人に頼んでもJAF呼ぶしかないとのことで、同じホテルの選手声をかけてみたもののブースターケーブルがなく、別のホテルにいた植村さんに寄り道してもらい会場に無事到着しました。

2018jaf_rd4_2

  最初のフリーターンは、CとDの間で左ターンと決めてスタート。フリーターンは、無難に立ち上がって立ち上がって、7番へ。ここでリアタイヤでちょびとパイロンの角を踏んでジ・エンド。12->Aの島廻りもイメージより膨らんでしまい、排水溝廻りもイメージよりも膨らんでしまい全体的にダメダメな感じでゴール。素のタイムは3番手とアナウンスされていましたが、パイロンタッチで8番手。雨が降らない事を願っていましたが、願い空しく、雨が本降りとなってしまいこれでお終いでした。不完全燃焼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/29

2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第3戦

 第3戦は、ツインリンクもてぎのマルチコースにて4/15-16で行われました。2戦までの結果を元に、リアのブレーキング時オーバーステアを解消するために、リアの車高を少し下げて臨みました。本当はリアのショックの伸び側だけ少し減衰力上げたいところですがこれで解決しなければと一旦保留しています。決勝は大荒れの雨予報ですが、土曜の練習は終日曇りで気温も路面温度も低かったですが、終日ドライ路面で走行できました。リアが出すぎるのはタイヤにも一因がありそうでしたので、路面温度は低かったですが、リアにもG/Sを使用してみました。まだ攻め込むと少しオーバーステアですが、許容範囲でこの日は、一番時計で練習を終えました。決勝の天気予報も回復傾向で午後はドライで走れそうな感じなので期待して早めに休みました。

2018jaf_rd3_2

決勝の朝は、予報通り雨でしたが、1号車が走行する時には雨もあがり、私の走行時はダンプで午後はドライかなという予想をしていたのですが、風もなくなかなか乾かない。水たまりはないものの走行すると水飛沫があがるため1ヒート目は前後ともウエットタイヤで臨みました。11->12->5のブレーキングが甘かった以外は、イメージに近い走行ができ3番手。2番手とは100分の台の差でしたが午後はドライだろうから仕切り直しと考えていました。ところが昼休みのインターバルに再び雨。水たまりは無いものの水しぶきは若干多めでしたが、路面にラバーインしたのかタイムは他のクラスでも上がっているので、大胆に攻めようという気持ちでスタートラインへ。1ヒート目甘かったブレーキングは、ちょっと入りすぎたかもしれませんが、フリーターンは1ヒート目より浅く立ち上げて、この時点で中間ベスト。12->10のブレーキング後のアクセルオンがちょっとラフになってしまって8までのアプローチで少し膨らみそうになりましたがVTRを見ると大きなロスにはなっておらず最後のテクテクニカルセクションへ。最終の15の右回りが前に進まない感じでしたが小さくはまとめてゴール。0.1秒届かず2番手!VTRを見ると最後のターンだけで0.6秒くらい遅くこれがすべてでした。1ヒート目の走りならばのタラればなく、4番手でした。

Dsc_0587_2

シリーズは、かろうじて3番手をキープしました。4/27に次戦の浅間台に向けてリアのオーバーステアの具合を確認し、前後バランスは許容範囲でしたので、本日エンジン、ミッションのオイル交換をして次戦に向けての準備は完了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第2戦

 3月24-25日に茨城中央サーキット(ICC)で第2戦は行われました。3月だというのに2戦目というのは何年ぶりなんだろうか。真夏の暑さ対策を考えてのカレンダーなのかなという気もしています。ICCは、シーズンオフに一度走っていることもあり、タイヤへの攻撃性の強い路面でしたので、土曜日の練習は、今日で捨てようというレベルのタイヤで走行。開幕戦の様な暑さもなく前後のバランスも取れていました。

 決勝の朝は、前日に雨が降ったこともあり、路面はウエットから開始。路面はドンドン乾いて私がスタートする時にはドライに。路面の攻撃性を考えて、2ヒート目に勝負を掛ける作戦で1ヒート目は、昨年度のウエットタイヤのG/2Sを前後に装着。ドライでフロントのG/2Sは使えないと聞いては居ましたが、経験ゼロなので、山があるので大丈夫だろうとスタートラインへ。


2018jaf_rd2_2_2

 スタートして7番を抜けて上段へ、ここまではタイヤの手ごたえも悪くない感じ。11番のターンイン、あれ! 全然前が入らない。以降、前が入らないまま最終区間でゴール前のターン区間へ、ちょっとターンインする場所間違えそうになってゴール。勝負タイヤは2本目なので、割り切って昼食&慣熟歩行をして準備しました。2本目は、予定通りフロントにG/S、リアはバランスが取れていたので、G/2Sのままで臨むことにして、スタートラインへ。スタートからフロントはしっかりした手ごたえで、これなら行けるという感じ。上段の11番も向きが変わって、12->14へ。フロントがグリップしたため、物凄いオーバーステアに。カウンター大きく当ててしまいロスしながらもこらえて14クリア。下段に降りて、再度登って、中間は、0.6秒遅れ。11->13->14の左廻りで、リアが言う事聞かない状態で、ここでも大カウンター。ゴール前のターンは無難に決めてゴール。タイムアップするもののパイロンペナルティで、ブービーに惨敗。フロント動きは申し分ないのですが、リアのオーバーステアに対処する課題が2戦ではっきりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/10

2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第1戦

 今年は、例年より1ケ月程度早い3/4に浅間台スポーツランドで開幕戦となりました。2月の間は寒い日が続いていましたので、本番用のタイヤは、A050のG/2Sをメインに考えて準備をしていましたが、週末の予報は最高気温20℃を超えるような予報となってしまいました。昨年から本格的にヨコハマタイヤにスイッチしてフロントにドライコンディションでG/2Sの経験がありませんでしたので、不安はありましたが、2戦目以降のタイヤのやりくりも考えて、6部山くらいのG/Sを用意して行きました。
 土曜日は、予報通り暖かくなり、山のかなり低いG/Sでもスタートから十分なグリップがあり、更に気温の高い予報の決勝は、日差しが陰ってくれないとG/2Sは厳しいかなぁという感触でした。土曜の練習のタイムはちょっと伸びなやみましたが、その理由は把握できていましたし、今期用に仕様変更した足回りは走り出しからずっと調子が良く、不安なく開幕戦のスタートが切れる準備はできました。

 2018jaf_rd1


 決勝日も朝から予報通り天気が良く気温も上がりそうな感jでした。オイル処理箱を持ってくるのを忘れて、土曜の夜に購入したので、朝一にエンジンオイルを交換して車検も無事パス。コースはかなりのロングコースで高速の切り返し箇所のある設定。昨年度は、高速の切り返しが苦手だったための足回りの仕様変更でしたので、感触が良いだけではないことを確認できる絶好の設定になっていました。コースも長くフロントタイヤは、G/SをリアはG/2S一択でしたので、それで準備をして出走を待ちました。スタートからタイヤは十分に機能して⑧⑫のターンも無難にこなし⑩へ。ちょっとアクセルの開け方が悪くてイメージよりラインが大きくなりましたが、⑥をクリアして島廻りへ。ブレーキでリアのスライドがかなり大きくカウンターで抑えたものの早くもリアタイヤが垂れてきている感じ。⑫⑪を抜け右回りへ。ここからはリヤタイヤがズルズル。⑦⑥の後の中間計測はこの時点ではトップ!⑭を右に見て進入するところでもカウンターで抑えたものの出口で膨らんでしまい⑥⑦の切り返しでもリアがスライドして錘の様になってしまい前に進んでいない感じ。結果ゴール時点3番手だったものの1ヒート目は4番手。初夏の様な気温になってしまい、フロントは問題ないのですがリアタイヤがかなり厳しい状態でした。2ヒート目に向けてリアタイヤは日干しせずにエア圧も少し調整して、リアがスライドするのを抑えるために、ブレーキングの仕方、舵の入れ方をイメージしてスタートラインへ。⑧⑫のターンが1ヒート目より寄せられず、1ヒート目同様に⑩がまだイメージより膨らんだものの島の進入⑫⑪の後の右回りもリアは抑えて前に進められましたが、2度目の⑩も膨らんでしまい中間は0.1秒ダウン。そのあとは1ヒート目リアが流れすぎたところはなんとか抑えてゴール。約1秒タイムアップの2番手。後続の選手にも抜かれることなく、昨年度は4位が多かったですが、今年は銀メダルスタートを切れました。冬季オリンピックのタイムトライヤル競技にもモチベーションもらったことで良いスタートが切れた気がします。
 次戦は苦手意識のある茨城中央サーキットですが、2月に1日走り込んで癖のある裏面と少しは仲良くなれていると思いますので、開幕戦の勢いを持って臨みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/21

2017 JAF関東モータースポーツ表彰式

  今年も表彰式に参加することが出来て、カート、レース、ラリー、サーキットトライル、ダートトライヤルの表彰対象者と一緒に、ジムカーナ SA2クラスの4位として。表彰されてきました。

 表彰式の前に銀座でタブレットのバッテリー交換の依頼ー>六本木に移動して日本レース写真協会の写真展ー>銀座に戻りタブレット引き取りー>品川へ移動して表彰式に参加と移動の多い一日でしたが、ジムカーナも写真も新たなモチベーションを持ち帰ってきましたので、2018年も悔いの無いように、上手く両立してやっていきたいと思います。

Img_0266_2


Img_0286_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧