2016/12/29

ハイレゾ音源の再生

 2013年のジムカーナのシーズンオフにONKYOのDAC-1000を購入して以来、PCのHDDをJUKE BOX代わりにするFoobar2000というフリーソフトを使って、PCオーディオに移行しました。ハイレゾ音源も今程、認知度が無い時でしたが、e-onkyoのサイトでいくつか購入して楽しんでおりました。ただし、ハイレゾ音源を再生するために、PCからのサンプリング周波数をハイレゾ音源の周波数に固定して使う方法しか理解していなかったため、どれもこれもソフトウエア上のアップサンプリングが行われている状態となり、一方で、オリジナルのCDの音源を再生する設定にすると、ハイレゾ音源は、CD品質に成り下が事になり、音源の音をストレートに再生させるには、設定を毎回変えないとならない面倒な状態になっていました。常にアップサンプリングしておけば、良いのではないの?と思うかもしれませんが、これは性格というか気分の問題ですので、つっこみは無しでお願いします。

 ところが、最近、ブログのリンクをさせて頂いているぜクさんがハイレゾ化に精を出されていて、なんか楽しそうなので、私もCD音源の疑似ハイレゾ化を再開(フリーソフトは以前からあって、試していたのですが、冒頭の設定が面倒で放置していました)してみました。そうなると、当然、再生時に面倒な周波数の設定が必要になってきます。CDの音源は、44.1kHz、ミュージックDVDは、48kHz、これに加えて96kHz、192kHzがWINDOWS10では再生可能なのですが、CDの音源を2倍、および、4倍に疑似的にハイレゾ化するソフトを使って、88.2kHzと176.4kHzの音源を作ると、そのまま再生ができない。DACも、再生ソフトもこの2つの周波数に対応しているのですが、私のPCでは、High Definition Audio deviceのドライバが対応していない為、それぞれ96kHz、192kHzにソフトウエアでアップサンプリングが必要になります。この2つの周波数も、そのままストレートに再生する解決策がありそうなのですが、とりあえずこれは一旦保留。

96kHz、192kHzをストレートに再生する方法をまずはネットで見つけました。Foobar2000にMultResamplerというプラグインを使うと、設定した周波数の音源のみをアップサンプリングする機能があります。88.2kHzと176.4kHzのみ192kHzにアップサンプリングする様に設定すると、44.1kHz、48kHz、96kHzの音源はストレートに再生されるようになりました。これで、だいぶすっきりしました。

ただ、CDをハイレゾ化するソフトは、整数倍する88.2kHzと176.4kHzの変換は速いのですが、96kHzにするためのソフトは、PCの負担が大きいのか?途中でシャットダウンしてしてしまったり時間がかかるののが難点で、なんとかこれらの周波数もストレートに再生できる環境をもう少し検討してみたいと思っています。

で、肝心のCDを疑似ハイレゾ化した音はどうなのか? 少し、低音に厚みがでて、全体的にマイルドになった気がするというのが、私の耳と、所有するスピーカーでの感想です。

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/11

コーリアンボード

 コーリアンボードとは?何って思うかと思いますが、久しぶりにオーディオネタです。正解は、人工大理石のことです。オーディオのスピーカーには、スパイクが標準でついていましたので、オヤイデ電気のINS-SPを介してフローリングの床の上に置いていました。レイアウトの関係で、壁から距離も取れず、スピーカーの特性からも低音に締まりが無く、安価に改善する方法はないかとオーディオボードを物色していました。オーディオボードもびっくりするほど高いものもあり、ブラシボー効果で良いと言ってるだけだろうとあまり期待せずに、安価なものを購入してみました。メーカーHasehiroAudioというところのものです。

Dsc_5283_2

 設置して聴いてみると、ん!なんかいいぞ!って感じで、低音も締まりましたし、音の分離が良くなって個々の楽器の響きが良くなりました。半信半疑だったのですが、効果があって同じ曲もこれで少しの間新鮮に楽しめそうです。


                                                                                                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/23

PCオーディオバージョンアップ?

 消費税アップ前にどうせ欲しくなるであろうものを導入してみました。
 再生のメインはPCなので、PCの静音化をしてみようと。ケースが穴だらけのCOOLERMASTERのCM 690シリーズなのでかなり 無謀は承知でCPUファンとケースファンを交換。う~ん、まだまだ。CPUファンを後方排気に変更したので、側面中心に吸音材を不要な穴に貼りまくり、後方排気の外側にも吸音材をあてがってみましたが、ファンの音がまだ気になります。まあこれはもう仕方ないのでここで一旦妥協します。
 1

 オーディオ用も4つ導入してみました。

2
 

スピーカーケーブル、電源タップの3Pを2Pに変換するもの、バランスケーブル、USBケーブルです。
スピーカーケーブルは、この白と黒のいかにも安そうな(実際に安い)ベルデン8460の本物(偽者があるらしい)は、素晴らしいものでした。スピーカーケーブル沼に嵌る前にこれに出会えて良かったです。モンスターケーブル、ナノテックシステムズのケーブルを使った(どちらもそれほど高価ではないが、今回のものよりも3倍くらいの値段がする)事がありましたが、ベルデン8460が一番、低域から広域まで素直です。ナノテックシステムズのケーブルと比べると、低域が明らかにしっかりしました。モンスターケーブルは、低音が強い感じで中高音のクリアさがいまひとつでした。今までのケーブルは。音源によっては、プリメインアンプのTONEコントロールを使いたかったのですが、それが不要な素直さです。バランスケーブルもベルデンで8423にしました。プリメインとDAC間がその辺にあったRACの赤、白端子のケーブルだったので(実はこれも悪くないらしい)、しっかりしたものにというだけで選択。電源タップの3Pを2Pに変換するものとバランスケーブルは、私には大きく変わったとは感じられませんでしたが、精神衛生上よろしくなりました。USBケーブルは、長さが短すぎて使えずでどうしようか思案中です。

やっつけで配線したので、配線がグチャグチャになっているのをなんとかしたいですが、消費税アップ前はこれで打ち止めにして、ジムカーナに専念しようと思います。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/25

PCオーディオ

 アナログプレイヤーのカートリッジを子供ながらにお年玉で買ったり、サラウンドアンプを買ったりと好きだったのですが、ジムカーナ始めてから、ドルビーデジタル用のAV AMP少々で我慢していました。ところが、昨年の秋にひょんな事からPCオーディオやってみようかと、ONKYOのDAC-1000というD/A CONVERTERを購入してから、徐々に熱が再燃してしまいました。とにかくスピーカーがショボかったので、DALIのSENSOR7を年末に購入し、音のグレードがだいぶ上がりました。そうなると20年前のプリメインアンプを変えたらもっと良くなるのかもとオークションなどで物色し始めました。これにしようかなという出物があったのですが、オークション終了日に残業で入札間に合わず。同じよう出物がないかと見ていてもなかなか・・・。するとインフルエンザ級に欲しい病が発症し、どうせ買うなら、一生モノで長く使える新品が良いかなと思ってみていると、新品だが、注文キャンセル品が破格の値段であるのを発見。絶対額は安くないですが、ネットの最安値もかなり安かったので一気に購入となりました。MarantzのプリメインアンプのPM-11S3です。

Img_0059_2

ノイズが非常に減って、綺麗な音になりました。PCのメインの再生ソフトが何故かハイレゾ音源を再生してもCDと同じ44.1Hzでしか再生できない(他のソフトでは問題なし)課題がありますが、非常に満足な買い物が出来たと思っています。再生ソフトの設定、PCの静音化や、接続するケーブルなど改善してみたいところはまだあるのですが、熱はこれでひと段落しそうです。

表現に誤りがありましたので、修正しました。1/25 22:30


| | コメント (2) | トラックバック (0)