2008/12/01

AURORAの女神舞い降りる その2 

昨日のNISMO FESTIVALの写真もアップしたいのですが、再度オーロラです。今回の撮影で心配だったのは、寒さでレンズの前玉が凍ったり、電池が持たなかったりしないか?と言う事でした。気温が-15℃と、冬本番に比べれば、まだまだ極寒と呼ぶ程ではなかったのですが、参考に撮影したスタイルを紹介しておきます。

三脚、レリーズは必須です。オーロラの明るさにもよりますが、F2で撮影してISO400、800で20~30秒の露光時間は必要と思います。ピントは∞にセットし、後述するカイロを巻き付ける為、ピントリングはテープで固定してMFで撮影しました。本題の寒さ対策は、言葉では説明しきれないので写真を使って説明します。

レンズの凍結防止に使ったのは灰カイロです。白金カイロや、オイル式のカイロは、燃料を航空機で持っていけない為です。左下の写真がカイロの外観と燃料の炭です。アウトドアショップで入手しました。右下は、炭を入れた状態とカイロの下に敷いてあるのが、カイロを腰等に巻いて使うためのベルトです。こちらは薬局で購入しました。
1

カイロを入れてレンズの下に巻きつけた状態が左下。その上からフェイスマスクの目の部分を使って、レンズとレリーズケーブルを出し、カメラ全体を覆うように巻きました。右下が撮影した状態です。
2_6  

これだけでは、つまらないでしょうから、虹の様なオーロラと、鑑賞地で暖を取るための場所になっている、テンビー(カナディアンの先住民の住居)の写真も紹介して〆たいと思います。
Dsc_5849_2

Dsc_5867_2

| | コメント (10)

2008/11/29

AURORAの女神舞い降りる

 カミさんが、一度は見てみたいと言う事でカナダのイエローナイフへオーロラ鑑賞に行ってきました。

 まずは成田からバンクーバーへ飛び、ここからイエローナイフへの直行便も今は出ているのですが、それには乗れず乗り継ぎに約5時間待ち。ベルモントン(ここでも乗り継ぎ約3時間待ち)を経由して、ようやくイエローナイフ空港が近づいてきた頃、飛行機の中からオーロラをすでに確認。空港からホテルについて、防寒着に着替えてすぐに鑑賞地へ。と言っても日本の朝10:30頃に自宅を出て、日付変更線を跨ぐので現地の同日23:30頃ようやく鑑賞地と物凄く長い1日でした(実29時間くらいの移動)。

 見たことの無いほどの星の数の星空とはじめて見る幻想的なオーロラで鑑賞時間はあっという間に終わり(飛行機が遅れたことや、鑑賞施設の説明などもあり、予定よりは短い鑑賞時間でした)ました。気温は-15℃位でしたが、防寒着のお陰と、なんとか写真を撮らねばと悪戦苦闘していたので、寒さはあまり気になりませんでした。

 カメラの方は、灰カイロをレンズに巻いて、フェースマスクで包んで、特に問題なく使えました。肝心の写真は、ファインダーをのぞいても水平も良く分からないですし、構図を十分吟味する余裕も、段階露光できる程の枚数も撮れずに終わりましたが、あと2日あるからと思いながら1日目は終了しました。

 オーロラ鑑賞に来ているのは日本人ばかりで、気になって鑑賞地の人に尋ねてみると、日本人以外は、極寒の中でオーロラを見る価値を見出さない様で殆ど来ないそうです。日本人の感性や美意識というものは、他の国の人たちとはずいぶん違うものだと思いました。

 2日目の朝、といっても昼過ぎまで寝てました。昼間はやる事ないので夜に備えておけば良いのですが、外はどんより曇り、天気予報では、月が時より見える曇りの予報でしたが、夜になっても雲は厚く、寒空の下、恨めしく空を見上げるばかり。星がわずかに見えた時間はあったもののオーロラは出ず。

 3日目。この日の朝の天気予報も前日と同様。しかもこれが的中してしまいまったく星も見えず3日目も終了。と結局1日目だけしかオーロラは見えず撮った写真も10数枚(駄作入れて)と消化不良な感じで初めてのオーロラ鑑賞を終えてイエローナイフを去ることになりました。1日目の満天の星空と一晩中揺らめいていたオーロラは、滅多に見れないほど良好な条件だった様で、それが見れただけでも良しと考えないと贅沢な様です。去年の実績では、3日間滞在で少しでも見れる確率は90%というのからは外れなかった訳ですから。一日遅れで来られた方は、残念な事に1日も見れなかった方もいらっしゃった様です。

 機会があれば、また是非行って見たいと思う魅力的な被写体でした。オーロラの虜になって何度も訪れる人の気持ちも分かる気がします。その魅力を伝えるには、文章力も撮影技術も全く足りませんが、撮ってきた写真をいくつかアップしたいと思います。

D300+MB-D10+SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF
Dsc_5838_2

Dsc_5839_2

機材をどんな風にして撮ったのかは、明日にでもアップしたいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)