« 2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd2 | トップページ | 東京CITY競馬 2019/4/25 »

2019/05/06

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd3

第3戦は、茨城中央サーキットにて、4/27-28で行われました。前日練習の天気は雨の予報で、練習用のタイヤも状態の良いものを持って行きませんでしたので雨が酷い場合は、走行しないつもりでおりました。道中も雨がしっかり降っていましたが、会場に到着すると雨は上がり、空も明るくなってきました。路面は完全に乾いてはいないものの水たまりはなく、徐々にドライになり、午前の練習走行ができました。路面温度が低く、タイヤが温まる迄はかなり我慢が必要でしたが、路面の感覚を掴むことができました。午後の走行時間になると、ポツリポツリ。ウエット路面となってしまい走行するのを止めて翌日に備えました。

決勝日は、予報通り太陽が出ていましたが、路面温度はあまり上がらないコンディションの中行われました。タイヤは新品が絶大な威力を発揮することは分かっているものの、このコースが得意ではないので、フロントはUSEDで山のあるものを2セットで午前、午後で使い分けることにしました。コースは、フリーターンは、左周りしか選択肢がなく、路面と喧嘩しない様に走ることを念頭にイメージを作って臨みました。1ヒート目は、下の段が抑えすぎで、上の段の13->15->16->20の所でミスをしてしまいココでもロス。フリーターンは無難にまとめてゴール。2番手で折り返し。タイム差を考えると、1ヒート目のベストは更新できそうなネタがありましたので、午後に向けて慣熟歩行。2セット目のタイヤの方が状態も良いので、タイムアップを信じてスタートラインへ。下の段は、1ヒート目よりも踏めたのですが、イメージ通りとは行かず。上の段を突っ切って19から下って24の立ち上がりまでは無難にまとめて、再び上段へ。11->12->13の立ち上がりも上手くスピードコントロール出来て1ヒート目ミスのあった13->20の部分もしっかり走行。15、27->13の進入が少しオーバースピードで13->12->11は我慢。フリーターンは1ヒート目よりもトラクションがちょっと甘くなってしまい最後のスラロームを抜けてゴール。ベストタイム更新! それもつかの間で後続の選手に抜かれ、2戦連続の準優勝でした。3戦終わってシリーズは2番手。3戦ともウィナーが異なっている混戦なので、なんとか早い時期に1つ勝って、チャンピオン争いに名乗りを上げられるように次戦に向けて準備をします。

2019jaf_rd3

|

« 2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd2 | トップページ | 東京CITY競馬 2019/4/25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd2 | トップページ | 東京CITY競馬 2019/4/25 »