« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/05/25

流し撮りGP2019 Rd1

久しぶりに応募してみましたが、予選通過でした。本命はこれじゃなかったのに・・・はお約束。

Dsc_3709_1604_2_1

| | コメント (0)

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd4

第4戦は、少し間隔が開き5/18-19に浅間台スポーツランドにて行われました。第2戦の前日練習後からLSDの調子がイマイチで、2速のコーナリングがあるであろう浅間台ではアンダーステアが強く出て厳しくなることが考えられることからオーバーホールをして臨むことにしました。ウィークデーはハードな上、金曜日の夜には宴会もあり、LSDのオーバーホールが終わった木曜日の夜中にタイヤ交換、準備をし、寝不足状態で前日練習へ参加しました。終日ドライで短めのコースですが6本の走行し、タイムは7番手。LSDのオーバーホールのおかげでフロントの入りは非常に良かったのですが、フィーリングの割にタイムは出ませんでした。サイドターンの区間が遅く、フロントタイヤの山がなかったせいにしておこうという感じで早目に休みました。

決勝は雲が多く雨の予報はないものの風も少し強くて路面温度が気温の割に上がらない感じの気候でした。コースは、前日よりもかなり長くなりましたが、使用するタイヤを考えるとポジティブな要素でした。

2019jafrd4

慣熟歩行でコース攻略を組み立てる際に今回悩んだのはスタートから11->7->2の部分。11に入る所で3速にシフトアップするタイミングでフロントを左に入れて7を軽いブレーキとともに右に返してという組み立てで他クラスの選手の走りを研究。クラスは違えど組み立ては間違っていなさそうなので、これで走行イメージを作って出走準備。出走20台前位からポツリポツリ。ドライでもソフトタイヤのダンロップ勢はモチベーションUPし、ヨコハマ勢はモチベーションDOWNしている感じに回りの雰囲気は感じられましたが、コース上は黒い雲なものの、青空もその先に見えており、風も強いことから、すぐに雨は止むかなと。ポツポツ来ていても路面はドライとほとんど変わらないとイメージ変えずに集中してスタート俟ち。出走10台前位で雨は止みスタートラインへ。ちょっとフロントのグリップが低かったのですが、組み立て通りに11->7へ。ブレーキングでリアが一気に1番方向へ。ハーフスピンのまま2番へ。2番で右にハンドル切っていなければならないのにカウンターでなんとかスピンを抑えている状態で立ち上がりで大きなロス。その後はイメージに近い走りができましたが、最初のロスが大きく0.7秒差の4番手で折り返し。2ヒート目に向けて、VTRの分析をし、ハーフスピンしたところの攻略を変えて2速で最短ルートに変更してイメージしなおし。今度は走行前に雨に降られることもなくスタートラインへ。スタートダッシュから路面のグリップは上がっていることを感じながらイメージ通りに2番へ。ここでサイドをちょっと使って立ち上げて12->11とクリアして排水溝周りへ。ちょっと出口の6で膨ら気味で11、12の左周り。少しアクセル入れるの早くてイメージよりちょっとアンダー気味。3->4->EのS字も無難に抜けてEの島の脱出もイメージよりちょっとアンダー気味。一番の奥の2番のをきっちりトラクションかけて島の中。左周りも上手くまとめて最後のテクニカル。ここもしっかり走ってゴール。アナウンスは1分20秒台で3番手。19秒台は出せると思っていたのでVTRで確認すると、最初の2番のサイド使ったのが致命的に遅く、そこから優勝者とのタイムは少しづつ詰めていて結果0.3秒差の銅メダルでした。路面のグリップの向上代に対し、スタート直後のイメージがコンサバ過ぎたのがすべてでした。

ただし、ランキング1、3位の選手が撃沈していましたので、第4戦終了時にしてゼロ勝ながらランキングトップに立ちました。セナの様に圧倒的なものは持っていないので、プロストやライコネンの様に1戦1戦やれることをやって行きたいと思います。

| | コメント (0)

2019/05/07

2019 SUPER GT Rd2

今年も混雑の中、日帰り温泉、簡易BBQ、車中泊で2日間撮影&観戦に行ってきました。予選日から決勝のお昼位までは、汗ばむくらいの陽気でしたが、決勝に向けてのスタート進行から黒い雲が覆い初め、グリッド紹介の頃には完全に雨装備となり、撮影を開始。途中雨がが激しくなり赤旗中断もありましたが、再開後は雨は上がりましたが、肌寒いい中、レースが進んで行きました。期待していた23号車は、2戦連続P.P.ながら不安定な天候にタイヤが機能したり、しなかったりで順位を変動させながらもラストスティントへトップで入りました。帰りの混雑を避けて残り、15周程度の所で帰路について、FMラジオを聞いていると、レクサスの赤いのに逆転されてしまい、そのまま2位フィニッシュ。2戦連続の2位と私の成績みたいな結果でしたが、こちらは、ポイントリーダーに立ちました。

新しいPCで写真の現像もだいだい終わりましたので、これでGWは終了して、夏休みまでまた仕事に戻ります。

Dsc_4569_2_1  

Dsc_2299_2

Dsc_3790_2_1

Dsc_5886_2

Dsc_6212_2

 

Dsc_4044_2_1

Dsc_4586_2

Dsc_5588_2

Dsc_5233_2

 

| | コメント (0)

2019/05/06

あと10年は戦える・・・筈?

GWの思い出が続きます。前日の競馬の写真の現像をしつつビデオを見ていると、ブーという音ともにビデオがフリーズし、PCもフリーズ。ブルー画面が出て再起動が必要との事で、再起動するも画面出ず。PCクラッシュが一瞬よぎりましたが、グラフィックボードの接続から、オンボードのグラフィックに切り替えると画像が出ました。もう一度グラフィックカードを付け直しして、起動してもやはり画面は真っ暗、グラフィックカードが突然壊れてしまいました。RAW現像するのに音楽聞きながらだと音にノイズが入るし・・・、速度も今一つだし、もう少し高性能なPC欲しいな。でもまだ使えるしなぁと我慢していたのですが、時間もあるし、作り変えるかとなり、ネットで情報収集。
リンクさせてもらっている Shift_My Haphazard Life も参考にさせてもらって午後から秋葉原へ。東名川崎で人身事故の通行止めの影響で迂回して2.5時間くらいかけて到着。面倒なのでまとめて購入するためTSUKUMOに行き、店員に相談しながらパーツをチョイス。CPUはIntelのCORE i7 9770kと決めて行ったのですが、マザーボード(M/B)は、Z370とZ390の違い、値段の違いが良くわからずでしたが、個人的には信頼のASUSの最新のZ390の人気のものに。グラフィックカードは、ファンレスが欲しい旨相談するも、それではCPU内臓のものと変わらず、RAW現像ソフトでもグラフィックカードの恩恵があるとの事でしたので、久しぶりにRadeonからGeForceの3D性能が少しマシなMSI GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G に。メモリは、M/Bの規格に合わせてDDR4へ。赤と黒がありましたが、迷わず3倍速そうな赤をチョイス。ケースは、5インチベイが無いと困るのであまり選択肢がなくFractal DesignのDefine R5 FD-CA-DEF-R5-TIを。これまでの冷却優先の穴が多かったケースよりも静音化も期待できそう。CPUファンは店員おすすめのものでSCYTHE無限 五 Rev.B(SCMG-5100) 。そして電源は10年保証のSesonicの650W GOLDとなりました。

M/B:ASUS TUF Z390-PLUS GAMING <- ASUS P8Z77-V PRO
CPU:INTEL CORE i7-9770k <-INTEL CORE i7-3770k
メモリ:CORSAIR DDR4 16GB×2 <-CORSAIR DDR3 8GB×4
グラフィクカード:MSI GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G <-SAPPHIRE RADEON HD6450 1G
電源:Owltech SSR-650FX [Seasonic製 80PLUS Gold] <-Antec EarthWatts PLATINUM 650W
ケース:Fractal Design Define R5 FD-CA-DEF-R5-TI <-COOLER MASTER CM 690 II Plus rev2
起動用SSD:Sandisk Extreme PRO(M2.) <-Samsung SSD 850 EVO

10年保証の電源を購入しましたので、ストレージ以外のパーツが10年持ってくれれば、次に作るのは還暦目前か?
ついでに写真保管用のHDDも6GB×2を導入したので、暫くは容量気にせず撮影できそうです。

Pc1

 

Pc2

 

| | コメント (0)

東京CITY競馬 2019/4/25

あっという間にGWの連休も終わりそうでブルーな気分になって来ています(笑)。連休の初日には、久しぶりに競馬の撮影に行きました。連休の前にこの日に開催があるのを確認していたものの前日の天気予報が微妙で迷っていましたが、朝から雨はなく天候が回復方向だったので、D5、D500とサンヨンに1.4倍テレコンを持って電車で行きました。一脚が使用禁止を事前に確認していたので、軽量化して行ったのですが、結果からするとD5は不要だったかな。ナイターの時間もD500の増感で十分撮影できましたので、今度行くときはもっと軽量化が可能だと経験値をアップして来ました。14:00の開門の少し前について、開門と同時に生ビール!(これが目的で電車で行きました)。馬券は、競馬場なのにすべてネット投票。ある程度予想して行ったので、2レース位先行して購入して、レースの時は、撮影と応援。日差しも差す時間があって、夕日に照らされたサラブレットもなんとか撮影できましたが、サーキットのレースとは違い、1周しかシャッターチャンスがないため、なかなか思う様には行きませんでした。

Dsc_2030_2

Dsc_4089_2

馬券の方も上手く行かず、1R-5Rは、タコ。流れを変えるためにタコを焼いて(タコ焼き食べて)、お代わり生ビールを飲んだら、6R-8Rで3連勝。8Rは、3連複、3連単のダブル的中で、一気にプラス収支へ。し

Dsc_4068_2

Dsc_4214_2  

ナイターも2レース消化した10Rの時点で投票をして帰路につきました。
中央競馬に比べれば、出走頭数は少ないのですが、人気が無い馬が良く馬券に絡み少額でリターンも見込めるので馬券的にも夢があります。
なかなか楽しい時間を過ごせたので、タイミング合わせて、また今度、馬券も写真もリベンジしたいと思います。

| | コメント (0)

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd3

第3戦は、茨城中央サーキットにて、4/27-28で行われました。前日練習の天気は雨の予報で、練習用のタイヤも状態の良いものを持って行きませんでしたので雨が酷い場合は、走行しないつもりでおりました。道中も雨がしっかり降っていましたが、会場に到着すると雨は上がり、空も明るくなってきました。路面は完全に乾いてはいないものの水たまりはなく、徐々にドライになり、午前の練習走行ができました。路面温度が低く、タイヤが温まる迄はかなり我慢が必要でしたが、路面の感覚を掴むことができました。午後の走行時間になると、ポツリポツリ。ウエット路面となってしまい走行するのを止めて翌日に備えました。

決勝日は、予報通り太陽が出ていましたが、路面温度はあまり上がらないコンディションの中行われました。タイヤは新品が絶大な威力を発揮することは分かっているものの、このコースが得意ではないので、フロントはUSEDで山のあるものを2セットで午前、午後で使い分けることにしました。コースは、フリーターンは、左周りしか選択肢がなく、路面と喧嘩しない様に走ることを念頭にイメージを作って臨みました。1ヒート目は、下の段が抑えすぎで、上の段の13->15->16->20の所でミスをしてしまいココでもロス。フリーターンは無難にまとめてゴール。2番手で折り返し。タイム差を考えると、1ヒート目のベストは更新できそうなネタがありましたので、午後に向けて慣熟歩行。2セット目のタイヤの方が状態も良いので、タイムアップを信じてスタートラインへ。下の段は、1ヒート目よりも踏めたのですが、イメージ通りとは行かず。上の段を突っ切って19から下って24の立ち上がりまでは無難にまとめて、再び上段へ。11->12->13の立ち上がりも上手くスピードコントロール出来て1ヒート目ミスのあった13->20の部分もしっかり走行。15、27->13の進入が少しオーバースピードで13->12->11は我慢。フリーターンは1ヒート目よりもトラクションがちょっと甘くなってしまい最後のスラロームを抜けてゴール。ベストタイム更新! それもつかの間で後続の選手に抜かれ、2戦連続の準優勝でした。3戦終わってシリーズは2番手。3戦ともウィナーが異なっている混戦なので、なんとか早い時期に1つ勝って、チャンピオン争いに名乗りを上げられるように次戦に向けて準備をします。

2019jaf_rd3

| | コメント (0)

2019/05/02

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd2

2月24日の開幕戦から1ケ月以上間隔があきましたが、4/13-14長野県飯田市のさるくらモータスポーツランドで行われました。直前に雪もあり、コースも標高が高く桜もまだの肌寒い上、決勝日は高確率の雨予報。しかし、土曜日の練習は気温は低いものの雨の心配はなく、ドライで走行できました。タイヤの山も低い上、路面温度も低く、スタート直後は、今までの感覚よりもグリップがかなり低いものの少しずつ攻めてタイムを削っていきましたが、最後はタイムダウン。タイヤが完全に終わってました。夜はいつもの美味しい焼肉屋さんに行き早めに休みました。

決勝日の朝、ホテルのカーテンを開けると雲が多いものの明るく、まだ雨は落ちていない。予報を見ても午前中はドライで行けそうな感じで俄然やる気が出てきました。2ヒート目はウエットかもしれませんので、1ヒート目でしっかりタイムを残すために、1ヒート目に新品タイヤ投入して勝負を掛ける事にしました。前日とタイヤのコンデションが大きく違うので、スタート直後の⑮の進入、⑤⑥の間を通過して島の外に抜ける部分の速度、⑱番の処理、最後の⑬⑭の侵入の部分を重点的に組み立てを考え望みました。スタートの⑮番は慎重に入って、⑤⑥の間を通過して島の外へ抜ける部分はイメージに近い感じで。その後の②からの右回りで少しオーバースピードでラインが大きくなってしまったものの⑲のターンは、まだ前のグリップが弱いものの回しこんで⑱番へ。立ち上がりで少しロスしへ中間は0.7秒遅れ。漸くフロントタイヤも機能し始めて、後半はしっかりまとめてゴール。約0.3秒差でトップで折り返し。このまま雨が降ってくれればと天気予報を確認してみると、雨はギリギリ大丈夫そう。2ヒート目も曇天の中、路面温度もあまり変わらずに進行していきますが、各クラスタイムアップしています。やはり1ヒート目は各選手、ペナルティもらわないように抑えて走っていたものと思われます。2ヒート目の同じクラスの出走が始まると、タイムが1.5秒くらい更新されましたので、久しぶりにスタート前に滅茶苦茶気合入りました。雨が数台前からポツリポツリ来ていましたが、スタートから冷静にかつ思い切って攻めました。1ヒート目よりもスピードに乗れて走れている手応え。中間はベストを4/100秒更新して後半へ。21番のターンの旋回が若干大きくなり、少し焦ってしまい③と④の島の進入の③をリアタイヤで踏んでしまいジ・エンド。ゴールタイムは、幻のベストとなりました。しかし、ほかの選手も前半好タイムも後半ミスで午前中の貯金でなんとか準優勝。今シーズン初のお立ち台で、シリーズランキングは1点差の2位となりました。ちょっとLSDの調子が気になるのですが、次戦までインターバルがありませんので、上昇気流に乗れるように次戦も最善を尽くします。

2019jaf_rd2

 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »