« 2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第4戦 | トップページ

2018/07/16

2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第5戦

 第5戦は、遠征となる新潟スピードパークにて6/2-3で行われました。ブローバイからのオイル漏れとタイヤのエア漏れを直前に修理してもらい、タイヤは若干不安があるものの万全の筈?の状態で、2:30頃に起床して新潟スピードパークへ。ここ数年は、FM新潟とのタイアップでギャラリーも多く集まり、楽しい雰囲気で走れる大会であり、コースもドライでは結構相性が良いので楽しみにしていきました。

 土曜日のコースは、かなり短いコースで差も付きにくいコースでしたが、僅差の2番手。いくつかコースの攻め方思い出しならがらですが、フィーリングは良い感じでした。夕ご飯は、美味しいお米と海鮮(刺身、焼き魚、煮魚、カニ)を頂いて、20:00頃には休み、朝まで良く眠れました。昨年は激しい雨の中でしたが、今年は良い天気でドライでの勝負が出来そうです。
2018jaf_rd5
慣熟歩行の後は、他の選手の走りを見て、走行イメージの確認。ほぼ86/BRZのクラスとなっているPN3のある選手の走りから後半部分の走りを少し組み立て直して臨みました。タイヤは新品なのですが、組む時にビードを切ってしまって、走行中にエア漏れしないかだけが心配でした。
スターターが気合入れて旗振っているのを横目1ヒート目スタート。最初の右廻りの進入のシフトダウンでフロントタイヤロックさせそうになりましたが、なんとか堪えてコース左上の右ターンへ。ここはリアが出やすいのですが、上手く曲げることにつなげて立ち上がり、8の字進入へ。あまり抑えすぎない様にと思っていたのですが、少しヌルイ進入になってしまいました。インフィールドは距離ロスしない様にまとめて外周へ。中間ベスト!だったらしい。外周から右左の縁石をちょこっと舐めながらギャラリー前のストレートからレーンチェンジへ。ブレーキングでリア振ってイメージよりもむしろ上手く抜け(ちょっと振りすぎてロスしているけれど気持ち良く抜けられました)、その先で3速へ。クラッチつなぐ前に止まれないと判断して左ターンに向けて減速。86/BRZの速いイメージのラインには及ばなかったと思いますが上手くリカバリーし、左旋回。サイドを少し引けばよかったかも。タイヤ1.5個分くらいラインが大きくなってしまい、最終シケインへ。パイロン触らない様に切り返してゴール!。ベストタイムを1.2秒更新!後続の選手にも抜かれず久しぶりにトップで折り返し。タイヤは問題ありませんでした。
2ヒート目は1ヒート目のロスを修正すべく臨み、8の字進入も攻めて入ったのですが、折り返しのターンでリアが喰ってしまいパイロンタッチ。そのあとも攻めて0.1秒タイムアップしたものの1ヒート目のタイムで後続待ち。最後の最後に逆転されてしまい、今年2度目の2番手でした。

|

« 2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第4戦 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/66946766

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第5戦:

« 2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第4戦 | トップページ