« ハイレゾウォークマン | トップページ | 2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第3戦 »

2018/04/29

2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第2戦

 3月24-25日に茨城中央サーキット(ICC)で第2戦は行われました。3月だというのに2戦目というのは何年ぶりなんだろうか。真夏の暑さ対策を考えてのカレンダーなのかなという気もしています。ICCは、シーズンオフに一度走っていることもあり、タイヤへの攻撃性の強い路面でしたので、土曜日の練習は、今日で捨てようというレベルのタイヤで走行。開幕戦の様な暑さもなく前後のバランスも取れていました。

 決勝の朝は、前日に雨が降ったこともあり、路面はウエットから開始。路面はドンドン乾いて私がスタートする時にはドライに。路面の攻撃性を考えて、2ヒート目に勝負を掛ける作戦で1ヒート目は、昨年度のウエットタイヤのG/2Sを前後に装着。ドライでフロントのG/2Sは使えないと聞いては居ましたが、経験ゼロなので、山があるので大丈夫だろうとスタートラインへ。


2018jaf_rd2_2_2

 スタートして7番を抜けて上段へ、ここまではタイヤの手ごたえも悪くない感じ。11番のターンイン、あれ! 全然前が入らない。以降、前が入らないまま最終区間でゴール前のターン区間へ、ちょっとターンインする場所間違えそうになってゴール。勝負タイヤは2本目なので、割り切って昼食&慣熟歩行をして準備しました。2本目は、予定通りフロントにG/S、リアはバランスが取れていたので、G/2Sのままで臨むことにして、スタートラインへ。スタートからフロントはしっかりした手ごたえで、これなら行けるという感じ。上段の11番も向きが変わって、12->14へ。フロントがグリップしたため、物凄いオーバーステアに。カウンター大きく当ててしまいロスしながらもこらえて14クリア。下段に降りて、再度登って、中間は、0.6秒遅れ。11->13->14の左廻りで、リアが言う事聞かない状態で、ここでも大カウンター。ゴール前のターンは無難に決めてゴール。タイムアップするもののパイロンペナルティで、ブービーに惨敗。フロント動きは申し分ないのですが、リアのオーバーステアに対処する課題が2戦ではっきりしました。

|

« ハイレゾウォークマン | トップページ | 2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第3戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/66662286

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第2戦:

« ハイレゾウォークマン | トップページ | 2018 JAF関東ジムカーナ選手権 第3戦 »