« 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第9戦 | トップページ | 2016 Formula1 Emirates Japanese Grand Prix »

2016/10/02

2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第10戦

4月に開幕した今シーズンもあっという間に最終戦が終了しました。会場は、初開催となる群馬県のみなかみにある宝台樹スキー場の駐車場の特設会場。自宅から220km位の距離でしたが、山の中でコンビニもガソリンスタンドも無さそうなので、その備えをして行きました。会場は高原だけあって涼しく、土曜の朝は、上着が必要なくらいでした。雨続きの9月後半でしたが、この日はなんとか曇りでドライ路面で走行できました。
 スタート地点から一番遠い区間まではかなりの登り勾配で、コースの右側もかなり下っています。少し前まで開催されていた胎内スキー場と関越スポーツランドの中間くらいの路面グリップでした。登って下る外周は、車が下に重力で落とされていくのもあって、路面が逆バンクになっているところも下に行く力があってアンダーが思った程出ず、結構アクセル開ける時間が長く気持ち良く走れました。前日は、Sタイヤクラスのオーバーオールで、良い手ごたえを掴めました。
 宿泊は近くのペンション(スキーシーズンではないからか?チームでの貸し切りでした)でおいしい食事が取れて、温泉にも入って十分休みました。決勝日は、久しぶりの晴天でコースはこんな感じでした。

Jaf10_course

 1ヒート目は気合が入りすぎてしまい、抑えてと思っていた③でいきなりアンダーを出してしまい、⑦を左に見る外周もかなり下り勾配で下に落とされてラインが大きくなってしまいましたが、アクセルは踏めていて、最終区間へ⑩の進入も下りに対し、止めきれず、⑪に向かう筈が、⑫へ行ってしまいまさかのミスコース。今年初でした。お天気は大丈夫そうでしたしタイムアップできる要因は確認できていたので、お昼にしっかり歩いて、お弁当(参加者には付いてくるのですが、これがかなりのボリュームでした)を食べて、今年最後のタイムアタックへ。③⑦とも修正出来て、前半はいい感じ。再度③⑦の左廻りの外周は、1ヒート目の方が踏めていたかもしれませんが、ラインに乗せて中間は、0.1秒遅れ。①の右の折り返しで下り坂に少し落とされましたが、最終区間の⑩もピッタリ合わせて、オンコースでゴール。0.3秒届かず。う~ん。前回も0.3秒。今回は、0.1秒刻みに5台が並ぶ接戦で結果4番手でした。ミスコースしていて走れていなかった最後の⑪⑨の攻めが足らなかった感じです。

 今シーズンは、スタートの3戦ではまったく勝負圏におりましたが、後半は盛り返すことが出来て、2位表彰台2回、3位表彰台1回、4位3回、5位1回の有効80ポイントでシリーズ4位の成績となりました。8月にミッションとLSDをOHしてからは、とても調子は良かったのであと2戦くらいあればなあというシーズンでした。

|

« 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第9戦 | トップページ | 2016 Formula1 Emirates Japanese Grand Prix »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/64287157

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第10戦:

« 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第9戦 | トップページ | 2016 Formula1 Emirates Japanese Grand Prix »