« 2016 JMRC関東チャンピオンシリーズ 第7戦 | トップページ | 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第10戦 »

2016/09/11

2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第9戦

先週末、今年2度目の長野県飯田市さるくらモータースポーツランドで行われました。いつもと同じような集合時間かと思いきや、5本走行が可能な様に8:00から練習走行開始の予定となっていたため、少し遅れて到着。急いでコースを歩いて、エンジンオイルを交換して、練習走行の準備をしました。今日からは、今シーズンのタイヤのやりくりも先が見えましたので、練習走行からADVANのA050を使って走行しました。今年の第2戦では最下位でしたが、舵角の大きい小さなコーナーが多いので、タイヤの差が大きかったのだろうと予測はしていました。しかし、これで結果が出ないとまずいのと、この大会で優勝しないとシリーズ4位以下が確定してしまうため、2週連続優勝目指して練習走行を開始。3週連続で走っているのに、狭いコースかつ細かいスラロームありと、とにかく忙しい。練習の合間に、音の出ていた左右ドライブシャフトを交換。しかし、1本走行してみたら、音がまだ出ており、左を交換。まだ右から音が出ており、さらに右をと左右2回ずつ交換し、やっと心配のない状態になりました。練習走行は2番手タイムでしたが、第2戦の様に何をやってもタイムが出ないという感じではなく、勝ち負けできそうな手ごたえを掴めました。

 決勝は、11時頃から雨の予報。1ヒート目からしっかり走れるようにイメージトレーニングを十分して臨みました。スタートでホイールスピンが多すぎて少しロスしたこと、スラロームの入り口でテールスライドさせすぎて直線につなげる出口まで影響してしまったところでロスがあり、ゴール時点はトップタイムだったものの2番手。雨天を考慮して、タイムスケジュールが前倒しで進み、また、天気予報も雨は14:30頃まで大丈夫そうで、2ヒート目もなんとかドライで走れそうな雰囲気で進んでいきます。トップとのタイム差を逆転できるネタはVTRで分析して、イメージトレーニングをして待ちました。無事、ドライでスタートラインについて、イメージ通り前半を攻められました。前半で0.7秒タイムアップしここまで目論見通りでしたが、中盤のターンでリアが少し引っかかり、ロス。ここで少し慌ててしまい小さなタイムロスを繰り返してしまいゴール。0.3秒届かずの2番手のまま。その後、誰もタイムアップできずに2番でシリーズ4位が確定してしまいました。最下位から、勝てそうな所まで戻れはしましたが、優勝タイムは十分見えていたので、悔しい2位となりました。最終戦は、優勝でもビりでもシリーズ順位は変わりませんので、思い切って勝負しようと思います。

Dsc_0101_2

|

« 2016 JMRC関東チャンピオンシリーズ 第7戦 | トップページ | 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第10戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/64191116

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第9戦:

« 2016 JMRC関東チャンピオンシリーズ 第7戦 | トップページ | 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第10戦 »