« 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第6戦 | トップページ | 屋久島へ »

2016/08/14

2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第7戦

 更新が遅くなりましたが、茨城中央サーキット第7戦が行われました。日本初のジムカーナ専用コースと由緒あるコースで今年が30周年。昔は、会社を休んで平日のフリー走行に通ったりもしましたが、タイヤに非常に厳しいサーキットになってからは、決勝のウィークエンドしか走らなくなってしまいました。タイヤは、どのコースでも新品が一番タイムが出るのですが、ここではその差が顕著になります。残りのシリーズ戦も考えて、ほぼ新品ではあるけれど、RE11SのWH!2011年製を本番用に持ち込みました。不安もあったのですが、昨年の練習走行では、このタイヤが結構良いフィーリングだった為です。

 土曜日の練習走行は、山がかなり低いRE11SのWH2で走行。1ヒート目はクラストップでしたが、細かいミスがたくさんあって、まだまだ詰められるという感じで、5本走りましたが、一度もタイム更新できず。走るたびにグリップ低下して行く感じで、走りを修正して、タイムアップしただろうと思っても更新できない感じでした。結果このタイムでペナルティなしでは、前日のトップタイムとなりましたが、全然手ごたえがつかめませんでした。
 決勝は、雨の可能性もかなりある予報でしたが、朝は晴れ。途中でなんどかパラパラと雨が落ちてきて、2本目走行前に本降りか?と思う時もありましたが、全車雨の影響はほとんどなく走行ができました。1ヒート目は、さすがに5年前のタイヤだけあって、思ったよりもグリップせずに、前半の下段でかなりアンダーステアでロスしました。それでも5番手で、まだまだ修正可能で、タイヤも一皮剥けて2本目と思って、2ヒート目に臨みました。前半は、1ヒート目よりも上手く走れて確実にタイムを削れた感覚でした。最後のスラロームからのターンは、スラロームで少し攻めすぎて、ターンが苦しくなりましたが、ゴール。なんとまさかのタイムダウン。前日同様に、1本目のタイムを上回れず、結果は、6位と満足の行くものではありませんでした。これで有効の7戦が終了しましたので、残り3戦は、シリーズポイントの上積を狙って思い切って勝負しようと思います。
 
 LSDが減速中に効きすぎて、アンダーステアが出やすくなっていたものをOHして改善してもらいました。また、開幕前からシフトの入りが良くなかった上、第6戦の筑波では、シフトが想定したところに入らないことが多発しましたので、ミッションもOHし、タイヤも新しいのを用意しましたので、残り3つ全部勝ちを狙って、まだギブアップせずに少しでも上を目指そうと思います。

|

« 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第6戦 | トップページ | 屋久島へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/64059826

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第7戦:

« 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第6戦 | トップページ | 屋久島へ »