« 2016 Inter Proto Series Rd3&4 | トップページ | 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第7戦 »

2016/07/18

2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第6戦

後半戦のスタートは、筑波サーキットジムカーナ場からです。関東の地方選手権が行われた記憶は、私にはありません。関越スポーツランド閉鎖に伴い今年の大会の会場になりました。他の大会や、練習では行っていた会場ですが、圏央道が繋がったおかげで首都高を使わずに往路ともにスムーズに会場へ行けるようになりました。

 土曜日の練習走行は、朝から雨。今年初のウエット用のタイヤで走行でしたが、良いフィーリングで、Pタッチしなければ、ベストだったのではないかと思います。翌日の天気予報は雨ではないのがちょっと残念。天気予報に反して、午後からは、雨があがり、ドライ路面での走行となりました。シフトミスを連発してしまい、満足なタイムを残す事はできませんでしたが、感覚的には悪くないので、決勝では、ミスしない様に走れば、勝負できそうな感じでした。

 決勝は、予報通りの曇りで路面はドライ。コースが狭いこともあり、ゴール前のテクニカルセクションはかなりタイトな設定で、外周の2速で走る区間は、綺麗にドリフトさせて車速を維持したいという設定でしたので、リアを出しやすい様に、リアの空気圧を高めにして臨みました。1ヒート目。スタート直後にまたもや前日同様にシフトミス。どうも2→1速が上手く行かない。気を取り直してほかの区間は、スムーズに走れ、ドリフトも上手く行きました。ドール前の最後のターンは失敗しましたが、前半のミスで気合が足りませんでした。VTRで確認してもシフトミスした区間を修正すれば、勝負になりそうなので、シフトミスに気を付けて2ヒート目スタート。前半の270°ターンは、1ヒート目よりも突っ込みすぎて、少し軸がずれましたが、大きなロスはなくクリア。右外周のドリフトも上手く行って、折り返しの左も車速を維持出来ていい感じ。最終区間に入る前の左外周からローに落とすところで、リアが大ブレイク!。フルカウンターで持ちこたえたものの、失速&大回りとロス。テクニカルはきっちり決めてゴール。この時点で2番手。想定していたタイムよりも遅いタイムでしか上がれませんでしたので、後続の選手に抜かれ、結果は5位でした。ミスが無ければ、表彰台には届いたと思うのですが、一方で5位に残れたのがシリーズ的には救いでした。

Jaf_rd6
画像は動画からの切り出しです。

次戦も茨城県の茨城中央サーキットと茨城が連戦になります。4年くらい前のとっておきの!?タイヤを準備して臨みたいと思います。

|

« 2016 Inter Proto Series Rd3&4 | トップページ | 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第7戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/63934302

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第6戦:

« 2016 Inter Proto Series Rd3&4 | トップページ | 2016 JAF関東ジムカーナ選手権 第7戦 »