« 2015 SUPER FORMULA Rd3 | トップページ | 2015 SUPER GT Rd4 »

2015/08/02

2015 JAF関東ジムカーナ選手権第6戦、第7戦

 第6戦は、関越スポーツランドで梅雨の時期に行われました。会場のゴタゴタがあり、どうやらこれがこの会場で私が出場した最後の大会になってしまいそうです。前日の練習はウエット、ハーフウエット、ドライと走行しましたが、朝からクラッチの不調があり、どのコンディションでもイマイチなフィーリングでどうもしっくりしないままでした。クラッチは、練習のお昼休みにホンダパーツへ必要な部品を買いに行き、練習会終了後ホテルで修理し、完調になりました。決勝日は、終日雨の予報でしたが、ホテルを出るときはウエット路面だったものの雨はなく、どんよりとした曇り空ながら、出走時にはドライで走行となりました。雨上がりの路面のせいかスタートから非常にグリップ悪く、最初のターンでフロントを逃がしてしまった事と、どうも右のサイドターンが引っ掛かり気味で大きく出遅れました。VTRで分析して、イメトレも十分行って臨んだ2ヒート目。前半今ひとつリズムに乗れない所もありましたが、1ヒート目よりは詰められている感じで、中盤の右ターン。やはり引っ掛かりロス。外周路もあまり踏み切れないまま最後のターンからスラローム。これは上手く行きましたが、6番手でフィニッシュ。今年のワーストの成績でした。
  第7戦は、ここ3年で2勝と相性の良い長野のさるくら。第6戦のフィーリングとコースの特性からトラクションを重視して、フロントのバネを変更し、タイヤも新品を用意し、万全の状態で臨みました。前日の練習では良い感じで進行して行ったのですが、最後の走行時に左前がバタつく感じになり、念のため、ドライブシャフトを交換しました。午後から、喉に痛みが出始めましたは、昨年大変美味しかった焼肉屋さんでエネルギーをもらって早くに休みました。決勝日は朝から天気も良く、今年はゲリラ豪雨の心配も無さそうな予報でした。喉の痛みが残っていたので、風邪薬を朝飲んだのですが、やはり眠く眠くて、走行前に一度仮眠をしました。1ヒート目。全体的には悪くなかったのですが、ターンの度にリアに荷重が抜けて少しずつロス。VTRで見ると1ヶ所遅すぎの場所がありましたので、ターンの時のトラクションと、遅かった場所に注意して逆転を狙って2ヒート目スタート。前半はまずまず。遅かった場所はブレーキ我慢して切り返してサイド当てての予定が突っ込みすぎてサイド当てられず、1ヒート目よりダメでした。後半取りかえしたものの、100分の台でタイムダウン。フィーリング的にはターンでやはりリアに荷重が抜けていてイマイチでした。全くの完敗であと2つくらいは上にほんのちょっとで行けたものの、ワーストを更に更新してしまい7位でした。シリーズは3番手のままであるものの、有効ポイント的には非常にきつくなってしまいました。
 関越スポーツランドで予定されていた第9戦が再度さるくらになったのは、自分にはもう一度チャンスが来たと思っているので、もう一度気合入れなおして、あと3戦悔いなく走りたいと思います。今日は気温36℃でしたが、オイルフィルター、ミッションオイルを交換。エアクリーナの洗浄をし、どうもしっくり来ないため、フロントの車高を変更しました。足廻りの固定用ボルトナットがあまり良い状態ではなかったのですが、案の定、外した際に舐めてしまいましたが、超強力なインパクトレンチを購入してあったため、ダイスとタップで修正して事なきを得ました。ハブセンターのナットも緩める事が可能な物で、万力が無く固定が難しくてもインパクトの打撃でネジ修正が出来たのは何よりでした。これも期待して購入したので、これから強い味方になってくれそうです。

Dcim0008_2

|

« 2015 SUPER FORMULA Rd3 | トップページ | 2015 SUPER GT Rd4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/62006991

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 JAF関東ジムカーナ選手権第6戦、第7戦:

« 2015 SUPER FORMULA Rd3 | トップページ | 2015 SUPER GT Rd4 »