« 開幕戦に向けて準備完了 | トップページ | 2015 JAF関東ジムカーナ選手権第1戦 »

2015/03/23

SUPER GTメーカー合同テスト

 SUPER GTのテストにFSWに行って来ました。まだローダウンフォースのエアロはテスト中の様で、マシンのカラーリングは?!でしたが、私はNIKON1 V3のテストと流し撮りの錆び落しをして来ました。
 結論を言うと、NIKON1でFSWの撮影はかなり厳しかったです。使用したのは、500mmと1.4倍、1.7倍のテレコンの組み合わせです。テレコンを入れるとMFのみ使用可になります。とは言え、AFは中央のみしか効きませんので、置きピンしか実質使えません。テレコンは、全滅でした。金網が2枚ある場所でしか撮影していませんけれども、焦点距離が長い=空気の揺らぎの影響も多く、ピントの合う範囲も異常に狭くなるためと思います。ピントが合っているのかどうか電子ファインダーでは良く分からない状態でした。おでこで支持できる電子ファインダーがあるので、以前に試したJ1よりも撮影自体はやり易くはなりましたが、やっぱり簡単に超超望遠の世界は手に入らないようです。テレコンなしにすると、1350mmの焦点距離ですので、なんとか見れるのはありました。ただし、500mmに2倍テレコン入れたような画質でしたので、使える条件は限定的でした。少しは学習できたので、今後同じ轍は踏まないで済みそうです。

NIKON1 V3+FT1+NIKKOR 500mm F4G ED ISO160 SS1/4000 F4
Dsc_1794_nx_3
出来の悪いテレコン噛ましたような元画像です。リサイズしているのでなんとか見れますけれど、この条件で無理に使うものではない。

NIKON1 V3+FT1+NIKKOR 500mm F4G ED  ISO400 SS1/400 F4
Dsc_2121_3
これは等倍でも結構見れますので、使い方によっては可能性が感じられます。

流し撮り画像は全部ボツな訳ではないのですが、時間切れで今日はここまで。

|

« 開幕戦に向けて準備完了 | トップページ | 2015 JAF関東ジムカーナ選手権第1戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/61327222

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER GTメーカー合同テスト:

« 開幕戦に向けて準備完了 | トップページ | 2015 JAF関東ジムカーナ選手権第1戦 »