« FIA World Endurance Championship Rd5 | トップページ | 2014 SUPER GT Rd8 in Motegi »

2014/11/08

通勤快速

通勤車両が通勤快速になりました。
M/T欲しかったので選択肢は1択でCUBE->NOTE NISMO-Sとなりました。

この車両のベースのE12に対し、原動機が1.6LのHR16DEになっているため、持込登録車両でE12改に車検証はなっています。競技車両もDC2改なので、○改2台体制になりました。
まだ300kmくらいの走行ですが、少々印象を。比較対象がジムカーナ競技車両なので、辛口かもしれません。

エンジンの出力は140PSとバブル全盛のリッター100PS超えには及びませんが、トルクフルで乗り易いです。そのため、燃費はなかなか良好です。1/3高速、2/3通勤で渋滞もありで16km/l弱ですので、1.5L CVTだったCUBEと変わらない感じです。ハイオク仕様をネックに感じるかもしれませんが、燃料タンク41Lですから満タンでも差は400円くらい。400円分はCUBEより楽しいと思います。

ボディにはフロア中心に当て板で補強が入っていますが上はそのまま。スポット増しをしてある競技車と比べると普通ですが、新車なので今はシャキッとしています。カタログに謳われているエアロパーツによるダウンフォースは100km/h程度の車走では、私には分かりません。

足廻り。おそらく、競技車等に乗られていない方にはかなり硬く感じると思います。オプションのレカロシートではないシートの仕様なのですが、シートのホールド性と硬さは、もう少し欲しいです。段差のあとの収まりがもう一つ。ミッションかエンジンマウントが関係していそうですが、段差のあとのトラクション抜け(0.数秒)を感じます。LSDも入っていないので、余計に感じるのかもしれません。地上高さは115mmと結構低いので、フロントは、コンビになどで車止めにガツっとやらないように注意が必要です。

5速M/Tに関しては6速欲しいですね。燃費悪くないのですが、100km/h走行で3000rpm超えます。DC2よりは低いですが。レブリミット6500rpmなので、260km/hまでメータありますが理屈上も200km/hが一杯。4速と5速の回転差が500rpmでトルクもあるので、あと500rpm低い5速のギヤ比の方が高速走行には適していたと思います。

ブレーキは、4輪ディスク化されていますが、フロントはE12標準と同じでタイヤ(205/45-17のPOTENZA S007)に負けてるフィーリング。リアはサイドブレーキがプアーです。サイドターン用のメタルパッドと比べてはいけないのでしょうけど。ブレーキパッドは安全性も向上するので、交換したいなと考えています。

あくまでも通勤車両なので、あまり入れ込まないようにしようと思っていますが、R32のタイプM以来の楽しい通勤車両になりました。

Pb020004_2





  

|

« FIA World Endurance Championship Rd5 | トップページ | 2014 SUPER GT Rd8 in Motegi »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/60616107

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤快速:

« FIA World Endurance Championship Rd5 | トップページ | 2014 SUPER GT Rd8 in Motegi »