« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/10

FIA World Endurance Championship Rd5

ジムカーナもシーズンオフになり、F1に行けなかった代わりに今日からお休み頂いて久しぶりに撮影に行ってきました。久しぶりに撮影して良いのが簡単に撮れるわけもなく、ボロボロでした。決勝の天候が心配ですが、あと2日間もう少し頑張ってみます。

Dsc_6142_2

Dsc_6675_2

Dsc_7023_2

Dsc_8308_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/06

2014 JAF関東ジムカーナ選手権 総括

 モータスポーツはとても残酷な現実を突きつける。21年目のシーズンも昨日で終了し、今年は、JAF関東ジムカーナ選手権の5位の結果が残りました。昨日、優勝できれば、自身最高のシリーズ2位が目の前にあったのだが届かなかった。1つのターンの失敗が全てだった。点で考えると悔しくて仕方がない。しかし、線でシリーズを通じて考えてみるとこの5位は残念ながら妥当な結果だったと思わざるを得ず、今年はなるべくして5位だったのだと思う。この悔しさを来シーズンにぶつけたいと思う。
 長くやっていると、自分の良い点も悪い点も見えてしまう。相対的には路面のグリップが低い方がライバルに対して優位にあることと、1速で中途半端な回転域で抜けるコーナーが良い点で、グリップの高い路面で踏む切る設定とサイドターンセクションは悪い点に思う。今年は弱点をカバーすべく足廻りの仕様変更し非常に良い感触で開幕を迎えることが出来た。それも路面温度の低い時期である。しかし、ここでマシントラブルで大きく躓いた。この最初の出遅れが結果的には大きく響いてしまった。暖かくなり始めた3戦目が原因分からずでダメだったのが転機で、良かれと思っていたセッティングが乗り易いけれど、もう一歩トラクション不足を露呈してくれ、4戦目から変更した結果、どのコースでも足廻りは及第点で来年に向けては良い感触を掴めたのが収穫(来年タイヤが変わらない前提で)でした。
 結果を振り返ってみると、前半5戦は100点満点のうち38点、後半5戦は61点の合計99点。過去2年は前半型だったことを考えても路面のグリップの高い時期の苦手は改善してることが数字でも確認できた。総得点は、昨年を1点上回ってシリーズ全体でも2番手でしたが、7戦の有効ポイントは7点ダウンした。シリーズ2位との差は4ポイント。この4ポイントが延々の様に遠いシーズンで開幕戦から5位、6位の往復だった。2位で満足しているわけではなく、毎年チャンピオンが目標ですが、前半戦の結果から現実的には2位が目標になっていたのですが、それに届かなかった昨晩は、とても凹んだ気持ちでした。そのため、来シーズンに向けて既に始動を始めることにしました。自分のドライビングスタイルから、好んで使っていたファイナルギヤを変更し、それに伴いLSDのセッティング変更の準備をしています。最近のコース設定は、傾向的にサイドターンや2速の中途半端な回転域の速さが求められるためです。シーズン通じて特にサイドターン区間は、我慢が強いられていたので、ドライビングスタイルを少し変える必要がありますが、速めに準備して来年に向けて始動しようと思っています。
 2014年の結果
  優勝:1回
    2位:1回
    3位:1回
    4位:3回
    5位:1回
 以上が有効ポイント7戦分の結果でした。
協賛いただいた皆様、チーム員の皆様ありがとうございました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »