« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/28

20th Anniversary in the island of Hawai and Oahu

勤続20周年の休暇を頂いて、初めてのハワイ諸島に行って来ました。ハワイ島は自然が多くありのんびりとしていてとても良い所、オアフ島はワイキキ周辺でしたので銀座みたいな感じで海外という感じはあまりしなかったというのが印象でした。

今回の一番の目的は、マウナケア山頂(標高4205mm)でのサンセットと星空観測で、そのためにD4と20mmの単焦点、更に三脚&レリーズを持って行きました。富士山山頂にも行った事がなかったのに一気にその上の世界です。幸い、高山病の症状は出ませんでしたので写真撮影も楽しむ事ができました。空気が薄さを実感したこと、空が近い感じでまるで宇宙にいるかのような感じがしました。

Dsc_7688_2

山頂に私たちの居たほぼ同じ高さの大地の影が出来ます。勝手なイメージですが、なんとなく火星な感じに見えました。
Dsc_7707_2_2

世界の天体望遠鏡が並ぶこの地は、観測の邪魔になる問い言うことで、日没後15分で立ち去らなければならないため、富士山の山頂くらいの高さまで降りて星空観測です。

最初に見えてくるのは宵の明星です。高倍率の天体望遠鏡で見ると三日月のような形をしていました。
Dsc_7752_2_2

南天の星空。久しぶりに20mmに活躍してもらいました。
Dsc_7768_2_2

続いて北天、冬ですが、天の川と思われるところを狙って。夏にも来て見たくなりました。
Dsc_7773_2_2

 翌日は打って変わって、地球の鼓動を感じられるキラウエア火山。中学生の頃の地理の教科書で見たような溶岩を吹いた激しい写真はありませんが、一度は見たいと思っていた所でした。

溶岩が流れる時に出来るトンネルの中を歩いて来ました。
Dsc_7827_2_2

溶岩に埋め尽くされた大地。上の写真もそうなんですが光って見えるのはシリカが多く含有しているためだそうです。
Dsc_7861_2_2

溶岩が波の浸食によって眼鏡橋のようになっているこの場所は、アメリカ合衆国の最南端に近い所でもあります。
Dsc_7876_2_2

今もなお活動を続ける噴火口。夜には赤く見えるそうです。夜に行ってみたいです。
Dsc_7887_2_2

ハワイ島を後にした後は、オアフ島のワイキキ周辺のダイヤモンドヘッドのハイキングをし、クリスマスムードの街をぶらぶらしてきました。写真はあまり撮らなかったのでD4はウエイトハンデとなって足、肩腰に結構きました。今日荷物なしで買い物したら楽なこと(^^)。それでも高感度+手振れ補正でイルミネーションや夜景も撮れたので良かった。
Dsc_7943_2_2

手持ち夜景はかなり増感したのですが、ブレていると思いますが遠目に見てください。
Dsc_8047_2_2

おまけ。これに乗ったわけではありません。逆光が良い感じだったのでついつい。コナ国際空港にて。そういえば、オバマ大統領がマウイ島滞在中のため、予備のエアフォースワンがハワイ島のヒロ国際空港(スペースシャトルの着陸第3候補だった空港)に駐機していましたが、残念ながら見れただけでした。2機体制で来て一機はホノルルで予備はヒロにあるんだそうです。
Dsc_7638_2_2

昨晩戻ってきましたが、とても寒く感じるので風引かないようにお正月迎えられるように気をつけようと思います。

撮影機材
1、2、6-12枚目:D4+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR(借り物)
3-5枚目:D4+SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF+SLIK 813EX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/19

2013F1日本グランプリフォトコンテスト

2回目の応募の今回は、なんと!銀賞に選んで頂きました。

日本GP20周年ということで、鈴鹿らしいのをと応募したのですが、審査員の原 富治さんの講評は・・・ですが、とても励みになりました。講評は、本日発売の月刊カメラマン誌をご覧ください。

高圧電線の鉄塔が入らないように、構図決めて置きピンで良いラインに来てくれましたマーク ウェバー選手にも感謝です。プリントの感じに色が出ない、網も目立つんで、プリントを見て欲しいのですが、適いませんので、なるべく近づけたものをアップします。

Photo

来年も日本GPは、パンフレットを買いに何がなんでも行かねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/14

2013 JAF関東ジムカーナ選手権 総括

今年は、20年目のシーズンでした。昨年度よりも強敵が参戦するとの事で、楽しみな戦いが出来るように、シーズンオフにも準備して開幕を向かえました。久しぶりに十分準備できていた感じでした。結果はなんと!開幕戦優勝。2戦目のもてぎの北ショートは、ドライでは厳しいコースながらハーフウエットで勝負権復活し3位。ただこの大会の優勝者が結果的にチャンピオンに。一番優勝されたくない選手に勝たれてしまってその後調子に乗られてしまい、それを止められず。その後、私は5、4、6位と表彰台にも乗れず、昨年同様、調子良いのはシーズン最初だけってパターンになりかけていました。後半戦の6戦目は、昨年優勝したコースで必勝を期して望んだものの2位、7戦目は痛恨のダブルパイロンタッチで無得点。8戦目は4位に踏みとどまったもののこの時点でチャンピオン決定。9戦目は2位、最終戦は前日で終わってしまって9位と56vs42で、やはり今年も成績後半戦しりつぼみの傾向でした。

1位->1回
2位->2回
3位->1回
4位->2回
5位->1回
の7戦の有効ポイントは90点。26点差のシリーズ3位でした。

2012年5位、2013年3位、2014年は、この流れなら1が来る筈?!です。
現在は、中盤から後半戦にもタイムが伸びるように、足回りの仕様変更中です。フロント縮み側のロールスピードを速くし、フロントタイヤをもう少しつぶしやすくすることと、結果リアの伸びも速くなるので、ターンインでリアが出やすくなり、アンダーステアを減らす方向にと注文出してます。来年もSA2クラスにDC2で参戦予定です。今年よりも更に強敵の参加の噂もありますが、参加の皆さんお手柔らかに頼みます。

20131117_105425_2
こいつの仕上がりに大いに期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/01

NISMO FESTIVAL 2013

2年ぶりに復活したNISMO FESTIVALで、08規定のGT500 GT-Rから’14規定のマシンへのバトンタッチを見てきました。ご一緒した皆さん、午後は殆ど単独行動でしたが、ありがとうございました。今年のサーキット撮影はこれにて終了ですので、また、来年サーキットでお会いしましょう。

朝の撮影は、NISSAN RACING DNAの一台から。今日も良い光がありました。
Dsc_6848_2

2014年マシンのテストカー。
Dsc_7176_2

ヒストリックカー。これはカラー写真でモノクロ仕上げではありませんよ。
Dsc_7229_1360_2

いろいろ欲出して、こんなのしか残せなかった。ちょっとピント甘い。
Dsc_7477_2

おまけ。パドックにたまたまいらした方を撮らせてもらいました。
Dsc_7183_2_2

撮影機材
1枚目:D4+AF-S NIKKOR 500mm F4G ED+TC17EⅡ
2、5枚目:D4+SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
3、4枚目:D4+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D+TC17EⅡ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »