« 2013 SUPER GT Rd6 in FSW | トップページ | Asian Le Mans Series Round2 ”3 Hours of Fuji” »

2013/09/16

2013 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd9

 第9戦の舞台は、7年ぶりにJAF地方選手権が開催される茨城中央サーキット。日本初のジムカーナ専用コースとして今年で25周年だそうです。はじめた頃は、良く走ったのですが、現在の路面はタイヤに非常に厳しいため、ランニングコストを敬遠して走っていませんでしたのでおそらく私も7年ぶりの走行です。前日の練習の試走を見て、フロントのバネ交換必要なことがわかり、朝からエンジンオイル交換とフロントのバネを交換して大忙し。走行に関しては、少しづつ思い出しながらタイヤも削り取られながら?タイムも削って行き、クラスではトップタイムでした。

 決勝は、台風18号の影響で朝から雨予報。ホテルを出るときから予報どおりの雨で、今年初めて終日ウエット路面での決勝になるとパドックでもそんな話をしていました。ゼッケン1番から走行が始まると、バケツをひっくり返したような豪雨。コースが池のようになりタイヤがかき分けた水がパイロンを動かしてしまうほど。すぐに中断となり、競技続行が危ぶまれる状況に。雨脚が弱まり、再開するものの、コースはウエットなのに超ロングコースで、2分も超えるマシンもあり、遅々として進行せず、午前中に1ヒート目が走行できませんでした。
これは競技ルールの則り1ヒート勝負もありそうな感じでしたが、お昼前から雨が上がり陽射しも出て来ました。お昼休みを挟んでようやく1ヒート目走行は、路面に湿ったところもあったのですがドライ路面のほうが多く、朝の雨が考えられないドライタイヤに交換して走行しました。イマイチ攻めきれず、3番手で折り返し。この後、天候は回復して、進行もスムーズになり2ヒート目も無事スタート。路面は完全にドライ。タイヤに厳しいコースながらもグリップレベルは、ドライでは、関東のコースではもっとも低く、リアを少し流しすぎてしまったところが2ヶ所、若干アンダーを出してしまったところが1ヶ所でしたが、ロングコースをまとめて結果は2番手でした。トップの選手は、完全にまとめており結果は惨敗でした。

これで残すは最終戦のみ。3戦終了時点は、ランキングトップ。9戦終了時点は、2番手。有効ポイントの関係で自力2番手がなく、5番手まで可能性があるのですが、最後まで2番手で終われる様に、残り1戦最善を尽くします。

P9160015

|

« 2013 SUPER GT Rd6 in FSW | トップページ | Asian Le Mans Series Round2 ”3 Hours of Fuji” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/58203138

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd9:

« 2013 SUPER GT Rd6 in FSW | トップページ | Asian Le Mans Series Round2 ”3 Hours of Fuji” »