« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/18

ちょっと羽田

 日中は暑くてどうしようもないので、夕陽でも見にちょっとだけ羽田に行ってきました。最初に行った場所は、日差しの向きがダメで、定番の公園に変更しましたが、ここも今の時期は空港と太陽の位置はイマイチ以上にダメで、イマサン位でした。満潮の時間なのか波しぶきは来るわで1時間くらいで撤収してきました。
 写真の方もやってもうたでした。一番良い時間をボケかまして高感度撮影してしまいましたが、そんなのしかないのでもう少し涼しくなったら再挑戦します。

Dsc_9314_2

Dsc_9331_2

撮影機材は、D700+SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSMです。D300も望遠も持っていったのですが、今日はこれが一番自分の感覚に合いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/08/17

2年ぶりの北海道 その2

サラブレッドだけでは、カミサンが怒ってしまうので、他の観光もしてきました。新千歳空港→トマム→静内(競走馬のためだけ)→洞爺湖→函館とレンタカーで廻りました。

トマムでは、気象条件が合えば雲海が見れる予定でしたが、濃霧で何も見えませんでした。
Dsc_6192_2

サホロリゾートでは、熊を発見。
Dsc_6274_22

この後、静内に向かう時から雨で、前が見えないほど激しい降りの場所もありサラブレッドは残念でした。翌日は静内で牧場を廻るも放牧は見学できず、前の記事のトウカイテイオーを予定を変更して見学に行きました。さらに白老で、もうひとつ牧場に寄ったのですが、ここでも暑さの為、放牧は見学できませんでした。

洞爺湖まで、一般道で行ったもののまだ日没には早かったので、地球が丸いことを実感できる地球岬へ寄り道して洞爺湖へ到着。洞爺湖で水中花火を見(写真も撮ったのですがお見せできるのありません)ました。
Dsc_6482

翌日も、またまたサラブレッドを見学に行ったのですが、ここでも放牧している姿は見れず、函館に向かい、お昼はおいしい海鮮を頂きました。港町とあって、横浜に似たものがたくさんありました(函館が先だと思いますけれど)。外人墓地、教会などを見学しました。写真は、赤レンガ倉庫を載せておきます。
Dsc_6553

夜は、ミシュランの三ツ星となっている函館山の夜景を楽しんできました。早めに山頂に着いたのですがすごい人でした。三脚はショボイのを持って行ったのですがレンズの手振れ補正するのをOFFにし忘れた為か?ブレてしまっていて、がっかりです。現像で誤魔化したものをアップしておきます。
Dsc_6676_2

もう少し暗くなってからの時間の方が光は綺麗でしたが、ブレているのしかないのでこれでご容赦を。
Dsc_6656

翌日は、五稜郭と松前漬けで有名な松前でお城を見学。さらに青函トンネルの北海道側で取り鉄して〆ました。
Dsc_6690_2

Dsc_6720

撮影機材
 2、8枚目:D300+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF)
 その他:D300+AF-S DX VR Zoom Nikkkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/08/14

2年ぶりの北海道

 コンデジを持って、銀塩の一眼レフを借りて、北海道を一人で旅行してから、だいぶ月日が流れました。前にもどこかで書いたかもしれませんが、私がデジイチを購入しようと思った動機は、サラブレッドを撮影することでした。今回は、デジ一を購入してから比較的のんびりと競走馬を見てきました。競馬ブームも去り、バブルも弾け、不況の中、淘汰されてしまった牧場や、種馬としては、廃用となってしまった過去の栄光の名馬たち、一方で輝きを放つ新星もおり、競争の厳しい現実を感じました。また、昔に比べると、種馬や、功労馬を撮影する環境も厳しくなっています。牧場のご好意で何のメリットもない競馬ファンに見せていただけるだけでありがたいのですけれど。前置きが長くなりましたが、D300とサンヨンを持って(カバンに入らずに一脚が持って行けなかったのは痛かった)、撮影してきたので見てやってください。

トウカイテイオー号
皇帝シンボリルドルフを父に持つ親子2代のダービー馬も24歳。後継種牡馬が誕生せずこのサイヤーラインが途絶えるのが非常に寂しい。
 Dsc_6429_2

エモシオン号。
とっても人懐っこくて、望遠で構えていると近寄ってくるのでなかなか撮影させてもらえませんでした。柵の近くに立っていると腕をぺろぺろ舐められました。
Dsc_5943_2

セーリューオー号
栗毛の綺麗な馬体でしたが、エモシオン号と違って、ツレナイそぶりで近寄ってきてくれませんでした。
Dsc_6003_2



カネツクロス号
エモシオン号ほどではありませんでしたは、かなり遊んでくれました。
Dsc_6183_2

 

ディープインパクト号
 社台SSでは、以前は放牧されていたのですが、展示という形の見学ははじめてで勝手が分からず、後ろ姿しかまともに撮れませんでした。親を超える子供の活躍に期待したい。Dsc_5869_2

他にもいくつかの牧場に見学に行き、興味深いお話を伺ったりもできましたが、厩舎に入っている形での見学でした。のびのび放牧されているところをまた撮影できたらと思います。今回の教訓としては、一脚を持参する。標準域のレンズを付けたもう1台の2台体制で臨む。レンズは70-200も持って行く事でした。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/08/08

2011 JAF関東ジムカーナ選手権 第8戦

 今年は、東日本大震災の影響で、第1、2戦が中止となり、さらに、輪番休日の関係で第7戦を欠場し、残りの2戦も会社休日でないため、今年最後の大会が行われた埼玉県の本庄サーキットへ行ってきました。
 土曜日の朝出発すると、東名が事故渋滞のため、普段10分の区間が60分の表示。Uターンして、国道で向かうも混雑気味のため、ルート変更して中央道の相模湖インターを目指しました。中央道→圏央道と順調に進み、関越道も混雑ながら順調に進み、10分遅れで会場に無事到着。

 コースを歩いてから練習走行の出番迄の間に、気になっていたサイドブレーキの利きが改善されればと、サイドワイヤーをブレーキキャリパーから外し、組みなおししました。これにより非常に良いフィーリングになり、練習走行1本目は、こんなに軽くサイド当てただけで効いたかなというくらいで、今年一番のフィーリングになりました。このサーキットは、好きなコースで調子も上々。4本練習走行し、タイムも上げ上げで、トップと0.1秒以内の差だったはずの3番手で終了。朝から、カリカリ音の出ていたドライブシャフトを大汗かきながら交換して、練習日は終了しました。ドライブシャフトの異音も消えて、フリクションも減って軽く走るので0.1秒UPは確実?をホテルまでの移動で確認しました。

  

 決勝日は曇り、前日-1℃の予報はどこへやら。暑い暑い。昨日とショートカットの使い方が変わっていましたが、車も調子良い、気合入れて第1ヒートスタート。まずまずイメージどおり走行するも思いの他リアがスライドしていないので、車速が少し足らない感じ、最終セクションで思いの他タイヤがタレていて、アンダーを少しだしてしまったもの5番手。2ヒート目に向けて、ビデオ解析と足で歩いてコースの攻略を組み立て、目標タイムを設定しました。最初のショートカットをイメージどおり走り、1ヒート目よりも車速が乗っていることを感じながら走行。中間タイムは、0.5秒アップ。後半もしっかりまとめてゴール。4番手にジャンプアップ。後にアタックした選手2人交わされましたが、なんとかギリギリ6位入賞できました。目標のタイムにはとどかなかったのは悔しいのですが、今年もなんとか入賞できたのでほっとしました。サイドブレーキは、土曜の朝から一度も調整せずに、ワイヤーが少し伸び気味だったのですが、何の問題もなく効きました。う~ん、今頃絶好調になるなんて複雑な心境です。

Dsc_9298_2_2

 帰宅時には夕立と渋滞にあい、窓が曇ると、暖房しないとならないエアコンレス車の移動は辛かった。来年のことはまだわかりませんが、来年も続けるならば、エアコン付けないと移動がつらいので、まじめにエアコン装着を考えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/08/05

SPEED UP

節電カレンダーにより、長い夏休みに突入しました。丁度タイミング良く、発注していたPCのスピードアップ用のデバイスが届いたので、早速組み込み設定してみました。

用意したものは、これです。
Speedup

SSDをWINDOWSの起動ドライブにしました。再起動が速い速い。64GBのもので2TBのHDDよりも少し高いですが、効果は絶大です。ソフトまでSSDにインストールしましたが、私のインストールしているソフトであれば、まだ25GB以上空きがあります。作動の重い、NIKON純正の現像ソフトもサクッと立ち上がるので、非常にいい感じです。未知数なのは、耐久性です。そのため、大事なDATAは、すべて別のHDDに置くことにして使うことにしました。。

メモリは、安かったのでついでにポチッとしました。これまで中途半端に6GBだったものを8GBに増設し、増設した2GB分をRAMDISKにし、ブラウザのキャッシュに使っています。

SSDは、USB3.0と同様に体感できる速さがあって優れものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »