« 2010 MotoGP Word Championship Rd14 | トップページ | SuperGT 第4回タイヤメーカー合同テスト 2日目 »

2010/10/04

2010 MotoGP Word Championship Rd14 その2

 2輪撮影で感じたこと、気づいた事をもう少し書いておきます。2輪は被写体が小さく、超望遠にして撮影したため画角が狭く、ファインダーに入ったと思った瞬間にレンズを振ろうとしてもすぐに居なくなってしまいます。そこが、最初に感じた速い!の理由で、実際のコーナリングは、4輪のSUPER GTと同程度のように思いました。場所にもよるでしょうが、ファンダーをのぞく前に目で見える場所は見ておいて、見えない場所は音を頼りに、来るだろうと思ったらレンズを振り始め、上手く動きをシンクロできたなと思ったらシャッターを切るでタイミングを合わせました。これが思う位置でシャッターを切るのを難しくしていて、125ccの最初の10分くらいは殆どシャッター切れませんでした。徐々に慣れては行きましたが、4輪の流し撮りよりも難しく、チャレンジのし甲斐があってとても面白かったです。なお、もっと良い方法があるぞ!と言うことであればご教授お願いします。

D300+MB- D10+AF-S NIKKOR 500mm F4G ED+TC20EⅢ
Dsc_7531_2
狙った構図をモノに出来なかった今回の最難関でした。35mm換算1500mmの中に上手くレンズを追従できませんでした。

D300+MB- D10+AF-S NIKKOR 500mm F4G ED+TC20EⅢ
Dsc_8035_2
ライダーとバイクは、縦長になるので、縦構図も結構撮ってみたのですが、あんまりしっくり来ませんでした。

D300+MB- D10+AF-S NIKKOR 500mm F4G ED+TC20EⅢ
Dsc_8261_2_2
スポンサー看板も国際的なやつをいれてコーナ進入で、バイクを倒し込む所を狙ってみました。この被写体の大きさだと2型のテレコンは、100%ダメでしたが3型では見れるものも撮れました。

D300+MB- D10+AF-S NIKKOR 500mm F4G ED+TC14EⅡ
Dsc_8898_2
V.ロッシくらいしか知りませんが、決勝のウィナーもアップしておきます。

もう1回くらいアップできればする予定です。

|

« 2010 MotoGP Word Championship Rd14 | トップページ | SuperGT 第4回タイヤメーカー合同テスト 2日目 »

コメント

1枚目のドアップは、コーナリングの加重移動が伝わってきますね!!

visitSPAINの看板を絡めた写真を撮りたかったんですが、上手くいきませんでした。
2倍テレコンを入れても、解像度は実用可能範囲だと思います~。

投稿: Aero | 2010/10/04 22:25

Aeroさん、こんばは。

1枚目は、ちょっとタイヤが切れてしまってい
るのが残念なのですが、マシなのを選びまし
た。2倍テレコンは、そこそこ行けてるでしょ
う?新型に入れ替えて良かったです。

Aeroさんも2倍が手に入るといいですね。

投稿: パイロン | 2010/10/04 23:12

遅くなりました。先日はお疲れ様でした^^

2輪奥が深いでしょう。
どうしても、被写体が4輪から比べるともの凄く小さいので
慣れるまで大変ですが慣れれば何とかなるもんですよね。

また、機会があったチャレンジしてみて下さい^^

自分も3型が出たら2倍だけでも買うかな~~。

投稿: moti | 2010/10/05 16:17

パイロンさん、こんばんは。

自分の場合、撮影は二輪から入ったのですが、やはり久しぶりの撮影だと最初の頃は追い切れなくて、意気消沈します。
まぁ、あきらめずにある程度カメラを振っていれば、直に慣れてきますよ。

画角が狭いときは、なるべく手前から追うしかないかな。
あとは音ですね。回転数の上がり、下がりを良く聞いて、加速感をイメージしながら振る感じです。
ただし、何台も連なってくると、混乱してしまうこともありますが・・・

投稿: cyunpei | 2010/10/05 21:25

こんばんは~
僕も今年春鈴鹿の2&4のときに2輪撮影しましたが
小さくて動きが速いのでついていくのが大変ですよね☆
でもライダーの動きが見えるので
撮ってておもしろかったです!
前の記事ですが
流し撮りがどれも決まってますね!!
続きも楽しみにしてます♪

投稿: SGT-40D | 2010/10/05 23:36

motiさん、こんばんは。

最前線の基地を確保して頂いて、ありがとう
ございました。最初は、全然シャッターすら
切れなくて焦りましたが、走行時間が十分
あったので学習できました。

来年もタイミングがあえば、予選だけでも行
きたいと思っています。

テレコンは、半信半疑だったのですが、結構
な進化を感じました。キヤノンのも進化して
いるとイイですね。

投稿: パイロン | 2010/10/05 23:46

cyunpeiさん、こんばんは。

アドバイスありがとうございます。

私は右目でファインダーをのぞく事が不可能な
ほど効き目が左なので、時計周りの日本のサー
キットの場合左目で確認しながら右目でファイ
ンダーが出来ないので左目で確認して、来るだ
ろうと思うタイミングでファインダーに視線を
戻してをやってました。

投稿: パイロン | 2010/10/05 23:51

SGT-40Dさん、こんばんは。

2輪であんなにドリフトしているとは思って
いなくて、バリバリ伝説みたいで驚きまし
た。また、ハングオンさせる時のライダー毎
の動きの差なども見ていて面白かったです。

流し撮り決まってますか?ありがとうござい
ます。思い入れのあるマシンがなかったので
平常心で撮れたのがプラスだったように思い
ます。気持ちの持ち方としては、良いきっか
けを得た気がします。

投稿: パイロン | 2010/10/05 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/49640427

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 MotoGP Word Championship Rd14 その2:

« 2010 MotoGP Word Championship Rd14 | トップページ | SuperGT 第4回タイヤメーカー合同テスト 2日目 »