« 2008 SUPER GT 第9戦 FINAL | トップページ | AURORAの女神舞い降りる その2  »

2008/11/29

AURORAの女神舞い降りる

 カミさんが、一度は見てみたいと言う事でカナダのイエローナイフへオーロラ鑑賞に行ってきました。

 まずは成田からバンクーバーへ飛び、ここからイエローナイフへの直行便も今は出ているのですが、それには乗れず乗り継ぎに約5時間待ち。ベルモントン(ここでも乗り継ぎ約3時間待ち)を経由して、ようやくイエローナイフ空港が近づいてきた頃、飛行機の中からオーロラをすでに確認。空港からホテルについて、防寒着に着替えてすぐに鑑賞地へ。と言っても日本の朝10:30頃に自宅を出て、日付変更線を跨ぐので現地の同日23:30頃ようやく鑑賞地と物凄く長い1日でした(実29時間くらいの移動)。

 見たことの無いほどの星の数の星空とはじめて見る幻想的なオーロラで鑑賞時間はあっという間に終わり(飛行機が遅れたことや、鑑賞施設の説明などもあり、予定よりは短い鑑賞時間でした)ました。気温は-15℃位でしたが、防寒着のお陰と、なんとか写真を撮らねばと悪戦苦闘していたので、寒さはあまり気になりませんでした。

 カメラの方は、灰カイロをレンズに巻いて、フェースマスクで包んで、特に問題なく使えました。肝心の写真は、ファインダーをのぞいても水平も良く分からないですし、構図を十分吟味する余裕も、段階露光できる程の枚数も撮れずに終わりましたが、あと2日あるからと思いながら1日目は終了しました。

 オーロラ鑑賞に来ているのは日本人ばかりで、気になって鑑賞地の人に尋ねてみると、日本人以外は、極寒の中でオーロラを見る価値を見出さない様で殆ど来ないそうです。日本人の感性や美意識というものは、他の国の人たちとはずいぶん違うものだと思いました。

 2日目の朝、といっても昼過ぎまで寝てました。昼間はやる事ないので夜に備えておけば良いのですが、外はどんより曇り、天気予報では、月が時より見える曇りの予報でしたが、夜になっても雲は厚く、寒空の下、恨めしく空を見上げるばかり。星がわずかに見えた時間はあったもののオーロラは出ず。

 3日目。この日の朝の天気予報も前日と同様。しかもこれが的中してしまいまったく星も見えず3日目も終了。と結局1日目だけしかオーロラは見えず撮った写真も10数枚(駄作入れて)と消化不良な感じで初めてのオーロラ鑑賞を終えてイエローナイフを去ることになりました。1日目の満天の星空と一晩中揺らめいていたオーロラは、滅多に見れないほど良好な条件だった様で、それが見れただけでも良しと考えないと贅沢な様です。去年の実績では、3日間滞在で少しでも見れる確率は90%というのからは外れなかった訳ですから。一日遅れで来られた方は、残念な事に1日も見れなかった方もいらっしゃった様です。

 機会があれば、また是非行って見たいと思う魅力的な被写体でした。オーロラの虜になって何度も訪れる人の気持ちも分かる気がします。その魅力を伝えるには、文章力も撮影技術も全く足りませんが、撮ってきた写真をいくつかアップしたいと思います。

D300+MB-D10+SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF
Dsc_5838_2

Dsc_5839_2

機材をどんな風にして撮ったのかは、明日にでもアップしたいと思います。

|

« 2008 SUPER GT 第9戦 FINAL | トップページ | AURORAの女神舞い降りる その2  »

コメント

こんばんは&お疲れ様でした!
ご存知の通り元天文部の私としては今回のご旅行が羨ましくてたまりません!
そしてこのお写真!
オーロラは1週間滞在しても見られるかどうか分からないくらいのものですから3日間で1回とはいえ見えたのはすごい事だと思います!
私も人生で1度は行ってみたいです。
特に私よりも母親が好きなので連れて行ってやりたいのですができるかなぁ・・・。

今回の撮影方法もお待ちしております!

投稿: 紅のぷた | 2008/11/29 01:57

紅のぷたさん、おはようございます。
天体観測がお好きであれば、絶対に行って損はな
いと思います。出来れば、1週間滞在できると良い
と思います。

私の場合、旅行会社のツアーで航空便は選択の余
地がありませんでしたが、バンクーバーとイエロ
ーナイフの直行便に乗れれば7,8時間時間は短縮で
きます。お母様が若いうちに(移動が長いので)
親孝行されてみてはどうでしょうか?
オーロラビレッジで検索してみてください。

防寒具をレンタルすれば、施設は充実しています
ので、年配の方でも安心だと思います。60位の方
はいらっしゃいましたよ。

投稿: パイロン | 2008/11/29 08:49

こんばんは
かなりの長旅だったようでお疲れ様でした。
星空&オーロラ凄いですね!
2枚目のお写真は映画の1シーンのような
感じがして良いですね!
自分も撮影方法楽しみにしております!

投稿: blackturf3 | 2008/11/29 22:48

パイロンさんこんばんは♪
見事なオーロラですね!!
特に2枚目の雰囲気が好きです!
僕も一度は行ってみたいと思ってるんですが
なかなか機会がなくて・・・
会社の同僚で
北欧に一週間くらい滞在しても見れなかった人がいるので
3日間で一回でも見れたということは
すごくラッキーなんじゃないでしょうか?

投稿: SGT-40D | 2008/11/30 00:36

blackturf3さん、こんばんは。
確かに長旅でした。ですが、到着間際から、オー
ロラが見れたので、テンションも上がり、疲れも
吹っ飛びました。また、オーロラ鑑賞は、深夜ま
で行われるので、日本と時差がなく生活すると丁
度良い感じで体は比較的楽でした。

撮影は、なかなか思うように行きませんでした
が、良いと思ってもらえるものがあって良かった
です。

投稿: パイロン | 2008/11/30 22:33

SGT-40Dさん、こんばんは。
写真よりも実物を見たほうが感動がありますの
で、思い切って行って見ては、どうでしょうか?
カメラの画角よりも遥かに広い自分の目で見ると
言葉で言い表せないものがあります。

北欧は、オーロラのイメージがあるのですが、海
が近く雲が発生しやすいので、大陸性気候のカナ
ダのイエローナイフか、アラスカの方が見れる確
率は高いそうです。イエローナイフは、3日間滞在
すれば、90%は見れるというのが去年の実績ですか
ら、外れの10%にならなくてホッとしています。

投稿: パイロン | 2008/11/30 22:42

うわ~~お!早めに見ていれば富士で直接話を聞けたのに!!
それにしてもこれはもう、どうこういう写真ではないですね・・・・・・。
ただただ素晴らしい!
「カミさんが、一度は見てみたい・・・・」と始まる書き出しが実にいいです。
満点の星にオーロラ!私のちっぽけな写真とは訳が違いますね。

おそらく奥さんがいるから撮れた写真であると思います。
何事も全てに感謝する気持ちがあると、この星とオーロラも永遠に輝き続けると思いますよ!

投稿: ゼク | 2008/12/01 17:38

ゼクさん、こんばんは。
昨日は、お疲れ様でした。お逢いできて良かった
です。並んでネッツ正面で撮った写真を楽しみに
しています。

最初のカミさんの提案は、南国だったのですが、
私は乗り気がしなくて、そうこうしているうちに
オーロラになったんです。オーロラを撮りに行く
と決めた時から非常に楽しみで、20mmも買って
しまったし、本当に1日だけでも見れて良かったで
す。

ゼクさんの写真がちっぽけだとは全然思いません
し、この写真も私は凄くなくて、自然の天体ショ
ーが素晴らしかったのです。ゼクさんが購入され
たフルサイズ機の広い画角で撮ったら、もっと魅
力的だと思いますよ。20mm購入検討の時には、換
算1.5倍がネックでしたからね。ご興味があれば、
富士よりももっともっと長旅ですが、ライブで見
る感動を味わって欲しいと思います。ちょっと硬
くなってしまいますが、地球の美しさを見ると環
境破壊を止めねばと思います。

投稿: パイロン | 2008/12/01 21:30

まさにそうですね!TVでなっていましたが、地球から人類がいなくなれば
大都会のニューヨークでさえ10000年後には全て人工物が崩壊して自然に返るそうです。

人類が滅亡した後、人工物で残るのは万里の長城とピラミッドくらいだとありました。
いかに我々が自然を破壊しているのかを考えなければありませんね。

投稿: ゼク | 2008/12/01 22:18

こんばんは~
昨日はお疲れ様でした!
お会いでき、本当に楽しかったです^^
有難うございました!
こうやって、サーキットに行けば皆さんと会えると思うと、また、行きたくなります!

オーロラ!素晴らしいですね!!!
ホントに綺麗です!
でも、撮影は大変そうですね^^;

続きも期待してます!
あと、ニスフェスのお写真もね^^

投稿: なんちゃってブルーズマン | 2008/12/02 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31817/43258021

この記事へのトラックバック一覧です: AURORAの女神舞い降りる:

« 2008 SUPER GT 第9戦 FINAL | トップページ | AURORAの女神舞い降りる その2  »