2019/09/08

日本一に到達

 関東のチャンピンを逃したばかりですが、一度は行ってみたいと思っていた日本一に挑戦してきました。富士山に年間3回程度登頂している中部の先輩ジムカーナドライバーをガイドに先週の関東ジムカーナで優勝した後輩と3人で挑みました。夏休み中に計画していたのですが、お天気が悪く断念。今シーズン山開きしている最後の週末、台風の動向も気になりましたが、天気予報も良く決行となりました。歩行時間及び距離は、屋久島での経験がありましたが、標高4205mのマウナケア山頂は動いていなくても空気が薄いと感じていたので高山病と標高が高い所で荷物をもって歩けるのかが心配でした。平日は残業続きでしたが、金曜日だけは早くに休めて3:30起床で富士宮5合目に向けて出発。4:40頃にシャトルバス発着の水ケ塚駐車場に到着。肌寒くフリースを着用してバスの発着を待ちます。

Img_0718_2

5:40頃に5合目に到着。朝ご飯を食べて、後輩にプレゼントしたストックが壊れた?修復したりしながら、標高に体を慣らします。影富士が見えるようにすでに日が出ています。
Img_0723_2

6:10いよいよ登頂開始。

Img_0455_2

富士宮ルートは、2400mからスタートで歩行距離は最短ですが7合目からの勾配がその分急になります。汗をかいて体が冷えない様に長袖Tシャツで登頂開始。15分程度で6合目到着。日差しも強くなってきたので腕まくりして半袖で本格的な勾配に向かいます。
Img_0730_2

新7合に7:30、元祖7合に8:30 6→元祖7合までは2時間。標高は、3000mを超えて3010m。正面に見えるのが愛鷹山です。Img_0460_2

8合目に9:30に到着。案内表示の時間は、かなりのハイアベ設定でとてもそのペースでは歩けませんがまだまだ元気でした。8合目の山小屋の先に1つ目の浅間神社の孤高の鳥居が見れます。お天気も良く、風もそれほど強くなく素晴らしい景色を楽しみながらさらに上を目指します。

Img_0468_2

Img_0469_2

9合目に10:25頃着、9合5尺に11:10頃着。先週のジムカーナで優勝した後輩はだいぶお疲れの様子ですが、3人で登頂成功できそうな状態で、私はまだまだ元気でした。山頂は目の前、最後の胸突き八丁を登ります。

Img_0489_2

そして遂に念願の山頂の鳥居をくぐりました。写真で見ても分かるように綺麗な青空で、天候に恵まれ想像していたよりも余裕を持って山頂へ到着しました。丁度12:00頃で約6時間でした。山頂で休憩していると流石に肌寒いのでフリースを着用しましたが、持参したダウンや雨具の出番はなく助かりました。

Img_0494_2

後輩は少し疲れた様子で3776mの最高峰である剣が峰には2人で向いました。写真撮影待ちで少し時間がかかりましたが、こんなに空いている山頂は経験がないと先輩が言っていましたので、待ち時間も少なかったのでしょう。正真正銘の日本一の場所へ到達しました。ジムカーナの全日本選手権には今は参加していませんので、11月のJAF CUPで日本一を目指すことにします。一緒に登った人もライバルになりますけどね。写真は、日本一の場所の証明とそこから見た頂上の火口です。

Img_0774_2

Img_0776_2

ちょっと想定外のことがあったのはこの後で、お鉢をめぐって富士吉田口の山小屋へ昼食に行ったのですが、山開きしている最後の週末ということもあるのか、売り切れ。飲料も売り切れで豚汁のみを頂いて下山することになりました。山頂から見た雲海。台風が近づいてきているのか?雲が多くなってきました。

Img_0779_2

下山は14:50から開始。登りと異なり、御殿場口ルートを下ります。

Img_0504_2 

7合目までは、山小屋も営業しておらず、下りですので、心肺は楽なものの右膝はいつものように痛みが出始めていました。7合目からは大砂走を滑りながら下り、走り6合迄一気に下りました。膝への負担も少なくこのルートで良かったと思いました。前には宝永山が見えてきました。

Img_0506_2

宝永山の火口を下り、登りと同じ富士宮ルートの6合目へ向けて最後の登りに向かいます。

Img_0512_2

Img_0516_2

最後の登りも無事に登り切って富士宮ルート6合目で綺麗なダブルの虹が見えました。ここまで頑張ったご褒美なのかと思いましたが小雨が一緒にやってきました。

Img_0524_2

5合目に向けて最後の下り。小雨はすぐに上がりましたが、ここまで来ると流石に膝が痛い。距離は短かったものの最後のこの区間が一番痛みでしんどかったですが、無事に5合目に帰還。18:10頃で約12時間の行程でした。素人2人の様子を見ながらガイドしてくれた先輩に感謝です。非常に楽しく、良い経験ができました。

飲料1.8L、エネルギ補充用のエナジーゼリー2個に、チョコレート、ラムネ、パン1個と雨具、防寒着などを背負って行きましたがサーキットでの写真撮影に比べると軽量であったこと。日々軽い筋トレと週末少々エアロバイクに乗っていた成果なのか?膝が痛いことを除けば思っていたよりも余裕をもって動けました。とは言え、荷物を軽くしたかったため、一眼レフは持参せずPowerShot G9 X Mark IIとiPhone8で撮影をしました。画像の縦横比が異なるのはそのためです。4年くらい前に、仲間と高尾山ハイキングから始め、ようやくこの日を迎えることができました。また挑戦する機会があれば別のルートで行ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd9

「まだだ、まだ終わらんよ」で臨んだ第9戦は、浅間台スポーツランドで行われました。土曜の前日練習は、眠くて朝一は、ダメダメでしたが2トライ目ではトップタイム、最終的には2番手タイムと久しぶりに走った浅間台の路面と仲良くなって決勝に備えました。

 2019jafrd9_2   2001年からフル参戦(欠場は3戦のみ)しているJAF関東ジムカーナ選手権では、年間3位が2回あるものの終盤までチャンピオン争いができているは、初めててチャンスがある限り諦めずに攻めの気持ちで臨みました。8番、9番のターンは、前日も似たような設定があり右、右を選択。6番の島を抜ける1回目は、右回りも右フロントをタイヤをタッチしながら抜けて、9番の後の左周りの島も左フロントをタッチしながら抜け、2回目の6番の後の島も縁石にタッチしませんでしたがイメージに近い感じで抜けて9番。ここはサイドを引かない組み立てでしたが、引いておいた方が・・・。11番の進入までが遅れていましたが、12からゴールまでのテクニカルは、13番右でまとめてゴール。トップタイム更新!。同じチームの後輩をわずかに従えて1ヒート目は、トップで意地を見せました。チャンピオン争いのライバルは3番手でこのままではチャンピオンの権利はありません。2ヒート目はロスした2回目の9番と9番の進入、11番の進入はブレーキングで詰められそうでしだと確認をしていましたので、このまま勝てるタイムでもなくしっかり慣熟歩行しました。2ヒート目。同じチームの後輩が空気読まずにかなりいいタイムを出してトップ交代。「まだだ、まだ終わらんよ」と気合を入れて臨んだ2ヒート目。1回目の9番でブレーキングで詰めに行ったところでアンダーを出してしまいジ・エンド。ここで集中力切れてしまい2ヒート目は、今シーズン一番イメージと遠い走りなってしまい結果は3位でした。シリーズは2位のままですが、優勝がなく2位争いも厳しいものになってしまいましたが、最終戦は、1戦必勝であきらめずにシリーズ2位を目指します。

| | コメント (0)

2019/08/19

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd8

今日で今年の夏休みも最終日、憂鬱な時間です(笑)。第8戦は、夏休みの最初の8/10-11にスピードパーク新潟で行われました。毎年多くのお客さん、FM新潟さんとのコラボレーションで楽しいイベントになりますし、コースも走っていて楽しいいので、楽しみにしていきました。帰省渋滞が心配でしたので、9日の金曜日に移動したのですが、圏央道から関越道までが混雑しており、お寿司屋さんの回転している時間になんとか間に合う時間に到着しました。新潟のお寿司をいただいて、翌日からの大会に備えました。

練習日は、いつもは眠くて大変なのですが、今年は頭もすっきりした状態で練習開始。お天気も良く朝から暑い。日本全国暑すぎます。コースの右側の奥の右回りがあまり得意ではないのですが、その設定がありましたのでいろいろ試してみることに。入口側は走り方が分かってきたものの出口側の車速のコントロールがなかなか思う様に行きませんでしたが、4回の走行でだいぶつかめてきた感じで終了。前日の移動時にドライブシャフトの異音が気になっていたため、左右ともに交換もしておきました。いつもの民宿で美味しい夕飯をいただいて早めに休みました。

決勝日の朝も良いお天気で暑くなりそう。この1戦は、チャンピオンシップのためにはどうしても勝ちたい大会でフロントタイヤも新品で臨みました。

2019jaf_rd8

苦手な右奥の外周も決勝コースにありました。慣熟歩行と他の選手の走りを見て走行前にイメージを作ってスタートラインへ。タイヤのグリップは、非常に良いものの前半からコーナーの出口が少しづつイメージとずれて問題の右奥の外周へ。コース図の右下から上へ抜けるコーナーでオーバースピードでドアンダー。ゴールタイムはトップから0.5秒差の4番手。ドアンダーが無ければトップタイム出せたかもという状態でしたが、あと1.5秒くらいはタイムアップできそうなトライでしたので、2ヒート目に向けて仕切りなおし。この日は雲も少なく路面温度の上昇が心配でしたが、それを見越して少し空気圧を変更して2ヒート目開始。クラスファーストゼッケンからトップタイム更新合戦の様相で、集中してスタートラインへ。スタート直後の左のUターンの立ち上がりのラインがあまり良くありませんでしたが、構わず全開で左奥のuターンへ。1ヒート目は、出口が合いませんでしたが、合わせて立ち上がり。高速S字も最後までアクセル踏んでコース右側の外周への入口の左ターンもブレーキングでリアをスライドさせなかがら立ち上がり。問題の右回りの出口も車速コントロールして立ち上がり中間点へ。この時点で0.7秒UPし、0.1秒遅れの2番手タイム。クランクを抜けて左奥へ。1ヒート目は、出口に余裕があったので踏み込んで行くとアンダーステアが。フロントタイヤがかなり苦しくなってきていました。ロスは最小限に立ち上げてゴール前のシケインからのスラローム。折り返して最後の2本巻きのターンも近いところ攻めてゴールへ。ゴールタイムは0.3秒UPで5番手。前半はイメージに近い走りができたのですが、アンダーを出した左奥から、シケイン、スラロームが少しづつ遅く、この結果でした。1ヒート目の方が明らかにタイヤの状態は良かったので、1ヒート目に結果が出せなかったのがすべてでした。首の皮1枚チャンピンの権利も残りましたので、最後まであきらめずに最善を尽くします。

今年も多くのギャラリーの方が来場し、ギャラリー向けのイベントも盛り上がっており、結果は・・・でしたが楽しい大会でした。

| | コメント (0)

2019/08/18

東京CITY競馬 2019/8/16

台風が通過した後で風も少し強かったですが、強い日差しもなくこの時期としては過ごしやすい中の観戦と馬券を楽しみました。この日の馬券は絶好調で1Rから7レース連続的中。パーフェクトもあるかと意識した8Rで2-3-4-5-6着で連続的中ストップ。馬券タコを焼く意味で食べているタコ焼きを食べると的中するので、さっそく食べると9Rで再び的中。トリガミもありましたが、10R中8R(すべて三連複、単勝、馬連、三連単も少々的中)で楽しく遊んできました。

Dsc_4243_2

Dsc_4726_2

Dsc_4410_2

Dsc_4850_2

 

| | コメント (0)

2019 SUPER GT Rd5

かなりの周回遅れですが、8/3-4にFSWで行われたS-GTの撮影に行っておりました。海抜が500mくらいあるため、夕方からは涼しくなりましたが、撮影中はかなりの暑さでした。特に土曜日は、疲労と寝不足で散々な成果でしたが、夏のレースを楽しむことができました。

Dsc_0622_2

Dsc_0010_2

Dsc_1250_2

Dsc_2353_2  

Dsc_2211_2

Dsc_0777_2

Dsc_0914_2

 

 

| | コメント (0)

2019/08/17

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd7

梅雨の明けないまま7/20-21に群馬県の宝台樹スキー場 駐車場にて第7戦が行われました。週末の予報は降水i確率の低い曇りで土曜日の練習は終日ドライで走行可能でした。仕事の疲れもあったのですが、この日は車も運ちゃんも良い感じで走れて最終的にはオーバーオールでトップタイムだった筈です。予報通り、夜の間に雨が通り過ぎて、明日もドライで勝負できることを期待しつつ、早々に休みました。

決勝日の朝、宿泊先を出るときは予報通り雨が通り過ぎた後でしたが、会場で車を準備していると、ポツリ、ポツリから、普通の雨に。しかし、すぐに雨は去り、その後は終日ドライでの走行となりました。夜の雨の影響でコース上は砂が浮いており、1ヒート目の前半のゼッケンの選手は、グリップが悪そうでしたが、私が走行するころにはその影響は殆どなくなっていました。1ヒート目は、スタート直後の5番で少しアンダーを出してしまい、最後の16->17->18が激遅で3番手で折り返し。2ヒート目にタイムを削れるところをVTRで確認し、慣熟歩行をしてスタートラインへ。スタートしてからの5番はアンダー出さない様に抑えて立ち上げて、6をグリップで行くのは作戦通りでしたが、少し踏み過ぎとハンドル戻し遅れで次の5番の左ターンに対し、少し余計な距離を走行。9番の処理の舵の入れ方が少し雑だった部分を除いてはほぼイメージ通り走行。16番のターンはラバーの跡が黒々していましたので、思い切って飛び込み強めにサイドで、1ヒート目遅かった16->17->18も無難にまとめてゴール。トップタイム更新!!。

2019jaf_rd7

つかの間、約70秒には、チャンピオン争いのライバルに逆転を許し、シリーズチャンピオンはかなり苦しくなりました。
「まだだ、まだ終わらんよ!」( クワトロ・バジーナ風に)の気持ちで次も頑張ります。

| | コメント (0)

2019/07/28

2019 JAF関東ジムカーナ選手権 Rd6

 後半戦の開幕戦は、7/6-7 第2戦と同じ長野県飯田市のさるくらモータスポーツランドで行われました。週間天気予報は雨予報でしたが、山の天気はあてにならないですし、過去に決勝で2ヒートとも雨だったことはないのでなんとなくドライで行けるのでは?と信じてドライ用の新品タイヤを用意して行きました。道中、雨の場所もありましたが、土曜日の練習走行は、終日ドライで走行できました。リアタイヤの山が無いのもありましたが、午前中は路面温度もそれほど高くなくリアのスライドコントロールに苦しみしたが、空気圧の調整と路面温度が上がった午後は良いバランスで走行ができ、良い練習になりました。

 決勝日もホテルを出るときは曇りだったのですが、会場について慣熟歩行をしていると雨がポツリポツリ。本降りになってしまい、雨雲レーダーを見ると一旦あがってもまた雲が来そうな予報になっていました。ドライバーズブリーフィングで第1ヒートのディレイが決まり天候の回復を待つことになりました。雨も上がり、ダンプコンディションでゼッケン1番から走行が始まりました。このまま雨が降らなければ走行時はドライ、2ヒート目の天候も読めないことから1ヒート目からフロントは、新品、リアは、路面温度が上がらないこともあり、G2/Sタイヤで臨むことにしました。

2019jaf_rd6

スタートの1コーナーの進入からタイヤのグリップを感じながら攻めて最初のポイントと考えていたスラロームからの1番の右ターン。リアがもう少しスライドして欲しかったですが許容範囲でトラクションをかけながら菱形の島を抜け中間ポイント。中間ベスト!6番の300度くらいのターンは、一発目のサイドでフロントが引っ張ったので、一発で行くことに切り替え、リアタイヤをパイロンギリギリ通して、7のターンもしっかり立ち上げて、1->2->3のスラロームからのインフィールドもしっかり走ってゴール。ベストタイム更新!2番手に0.9秒差をつけて折り返し。天気はそのまま持って、2ヒート目は全クラスドライで。こうなると、雨あがりの路面よりも2ヒート目に新品タイヤを投入した方がという展開であるものの集中して2ヒート目もタイムアップを狙ってスタートラインへ。6->5から左回りの島の後の右の島周りで内側の縁石に乗せすぎてしまったことでリズムを崩してしまい、スラロームの後の1番の立ち上がりも失敗。中間の後の6番パイロンをタッチしまいジ・エンド。ランキングトップのライバルが新品タイヤで完璧なトライで逆転負け。今年もなかなか勝てませんがダメージは最低限でしたので、切り替えて次頑張ります。

| | コメント (0)

2019/06/29

東京CITY競馬 2019/6/28

 ハッピーフライデーの週末。珍しく仕事も落ち着いていたので、仕事を早めに切り上げてナイター競馬に行ってきました。17時少し前に着いたのですが、想像以上に盛況でした。到着して、勝負した2レースは連続で不的中。今回もタコ焼いてみるかとタコ焼きを食べて臨んだ第7R。タコ焼き効果がさっそく出て180.1倍の万馬券ゲット。8Rも連続で2種馬券的中。ご利益はここまででしたが、最終12Rまで勝負して、交通費位のプラスになり、一緒に行った仕事仲間も的中ありで、ゆる~くですが、馬券予想&購入は忙しく楽しんできました。でも今度はもっと早く上がって車を置いていって、ビール飲みながら楽しみたいな。

Dsc_8885_2

Dsc_8878_2

Dsc_8924_2

 

 

| | コメント (0)

«流し撮りGP2019 Rd2